スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 

夢のスチールヘッド & お知らせ

62cmのスチールヘッド サマーラン 。
3年前に同サイズのスチールを真っ暗になる寸前に掛けて、80分戦って逃げられました。
それ以降、春夏はスチールだけを追い求め、ボウズを山と積み重ね、石の上にも3年目。今回は明るいうちに掛けて20分位でネットイン。ようやく結果を出しました。
釣り上げて直ぐは目玉が飛び出して死に顔でしたが、10分ほど水の中で呼吸させて蘇生した魚の写真です。

念願のスチールヘッド62cm

★おしらせ。
本記事投稿を持ちまして、当ブログの更新を終了します。
新たなブログを立ち上げる予定です。
現時点で新ブログ開設時期は未定ですが、開設の際には当ブログでお知らせしますので、今後とも交流をよろしくおねがいします。


スポンサーサイト



8月のスチールヘッドは無名戦士の詩

僕のブログ、フライフィッシングのカテゴリ、気が付いたらもう100本。
今回は101本目です。

ブログ更新が途絶え始めたのは昨年の8月以降。

昨年8月に、6月から通い詰めた鮠ケ淵で、ようやく掛けたスチールヘッドに一気に走られて逃げられ、年間ボウズとなったたことが、ひとつの理由。

その後、秋のサーモンや晩秋の美味しいカレイも釣りましたけど、ブログ記事を書く気持ちが起きませんでした。
悪い言い方、高慢かもしれませんが、スチールヘッドの激しいファイトを知ってしまうと、サーモンは泳ぐバスタオル、大きなカレイは動く雑巾みたいで心から釣りを楽しめなかったんですね。釣り場は混んでいるし・・。

それほど逃げられたスチールヘッドのインパクトが強かった。
それで、冬季間の釣りは休みました。

再開したのは4月。渓流は5月から始め、幸運にもホームリバーで2本のスチールを釣り上げ、6月からは本命の鮠ケ淵に通い詰めるものの、6月上旬にいきなり掛けて一気の走りとジャンプ一発で逃げられ、それ以降7月は、ず~っとボウズで8月を迎えました。

谷間の中で咲いていた、オオウバユリもほぼ終わり。7月末にはカラフトマスか遡上して産卵床を掘っているシーンを目撃し、シーズンの終わりを予感させられます。9月には秋サケが遡上するので、もう後がありません。

DSCN3296 - コピー

9ftのロッドは降板し、11ftの#4と#6のスイッチロッドを入手して、最後の決戦に臨みます。
スペイ風のロールキャストでバックスペースが無い立ち位置でも釣りができるようになりました。ロングキャストはしないのでメンディングも楽。

DSCN3325 - コピー

8月初旬は、大きな遡上ウグイやヤマメ、川育ちのレインボウなどを快釣。

DSCN3350 - コピー

DSCN3340 - コピー

ところが本命の相手は、立ち位置を変えれば、届かない場所に移動して捕食ライスをするのです。
とにかくこの場所の魚はナーバス。毎日、カワウの攻撃に晒されていますから・・。

胴体の皮がはげ落ちたウグイが1匹掛かりました。カワウに胴体を挟まれて逃げのびたウグイです。写真も撮らずすぐにリリース。

天候がぐずつき気味で気温も上がりません。

DSCN3370 - コピー

今年は秋が早そう。10日ほどそんな不調な日々が続き、一雨降って晴れ上がり気温が上昇した日のイブニング。
待望のヒット。

掛った時に2匹のスチールが同時にジャンプ。1匹は僕に向かって、掛けた1匹は対岸に向かって。

フライは12番サイズの古典的ウェットフライ、ピーターロス。
僕の渓流FFの原点、西園寺公一著「釣魚迷」で知ったアトラクター系フライでして、実は初めて使いました!

DSCN3451 - コピー

DSCN3453 - コピー

魚の大きな口からすれば掛り処が悪ければ皮一枚の可能性もあるので、強引な寄せはできません。
上流に走られたら追いかけることができない立ち位置。
30m下流は激流で、ここに入られたらこれ以上追いかけることは出来ません。
なにせ真っ暗になる寸前のヒットなのです。

僕も相手も命がけ。
だましだまし静かに寄せては走られを10数回、いや20数回は繰り返したことでしょう。

ロッドを握る手がブラブラです。
持久力、潜る力、走る速さ、全てが、川育ちのニジマスとは格段に違います。

下流に走られ、リールのスプールに手を当ててみたら、フライラインを全部引き出されバッキングラインだけになっていました。

これを何度も繰り返し、少し寄せたものの、結局、下流の激流にまで走られてしまいます。
やむを得ず、ラインテンションを緩めて魚が定位しているところまで、暗闇の中、追いかけます。
僕は石を拾って魚の下流に数回投げ込みました。

魚は速い流れの底に定位していてリフトできません。、これ以上下流には走られたくないので、川底に定位させたまま、少しづつ岸の方に寄せて来ました。数回の攻防の後ネットイン。
掛けてから30分位かかりました。

体高が高く、ぶっ太く、銀ピカ。遡上したばかりのスチールヘッドの姿です。

DSCN3359 - コピー

2年ぶりの魚なので、胃の内容物を調べるためにキープ。胃袋はほとんど空、甲虫類数頭とカメムシが1頭。
遡上してしばらくの間、エサを食べず、捕食を始めたばかりの魚のようでした。

アーネスト・ヘミングウェイは随筆「最高の虹鱒釣り」(1920年代)の中で・・、

「鉤にかかるや3,40ヤードの糸を一気に引き出してしまう。その怪力をもって岩の下に居座りでもしたら、それこそ梃子でも動きはしない。頑丈な毛鈎竿を何度あおろうが(中略)びくともしない。超大物級になると、勝負は2時間にもわたることがある。(中略)スー川での虹鱒釣りは素晴らしい。しかしそれは、凄みのある悪夢のような素晴らしさだ。スー川の釣りの激しさを凌ぐものといえば、カタリナ島沖のマグロ釣り以外、まず考えられない」

・・と書いていますが、まったくその通り・・・、100年経っても、スチールヘッドは最高の虹鱒釣りですしFFならタイムスリップできます。

DSCN3450 - コピー

その後10日間。毎日跳ねは見るもののボウズ続き。
昨年最後に試みたシンキングラインで上流から流し込む方法をやってみることに。
しばらくやっていたら、すぐ上流の荒瀬で大きなライズが!

DSCN3435 - コピー

僕はフローティングラインに替えて大きなドライフライをキャスト。
暗くなる寸前の18時50分頃、数投目にライズ!アワセも決まりました!
ワオッ! 2回の大ジャンプ。
デカい! いままで見た50㎝クラスよりふた回り大きい巨大なスチールです。
30m川下まで走って行ったと思ったら、大ジャンプ。

DSCN3369 - コピー

また一気に上流へ僕の足元まで走り、フライラインはゆるゆるに弛んでしまいます。必死にリールを巻いて、幸い底岩に掛らずラインを回収できたら、今度は25m位上流まで激流の荒瀬を上って行きました。僕は魚を追いかけ、追い付いたものの、また下流に走る。
魚をヒットした位置まで戻りますが、これ以上下流には追いかけることができない立ち位置です。もう真っ暗。
寄せては走られを何度繰り返したものか。1時間経過してもキャッチできません。

ライトで照らすとギラリと光ってデカい魚体!
20時10分頃、やや強引に足元近くまで寄せたところ、
・・嗚呼、フックがポロリと外れました。

魚は獲れなかったけれど、渓流FFで1時間20分もの激闘、これこの経験だけで十分過ぎました。
口惜しさはなく、大きな満足感に満たされていました。

これまでにネットインできたスチールは酸欠で目玉が飛び出てほぼ死に顔になっていることが多かったのです。
この大きな魚にとっても僕にとっても、ここまで戦って別れたことは、これで良かったのだと思います。

帰りの車のなかで、僕は「無名戦士の詩」とか「悩める人々への銘」とか呼ばれる詩の一節をうろ覚えで思い出し、喜びというか幸福感というか、涙が滲み出てきました。

「願ったことは成しえなかったけれど、(アングラーとして)希望した全てのことを私は受けた」

この詩は、アメリカの南北戦争で戦傷者となった南軍の無名兵士の作で、ニューヨークの病院の壁に刻まれていたそうです。

DSCN3449 - コピー

===================
I asked God for strength, that I might achieve.
I was made weak, that I might learn humbly to obey...
大きなことを成し遂げる為に、強さを求めたのに、
謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった

I asked for health, that I might do great things.
I was given infirmity, that I might do better things...
偉大なことができるように健康を求めたのに、
より良きことをするうようにと、病気をたまわった

I asked for riches, that I might be happy.
I was given poverty, that I might be wise...
幸せになろうと、富を求めたのに、
賢明であるようにと、貧困を授かった

I asked for power, that I might have the praise of men.
I was given weakness, that I might feel the need of God...
世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、
得意にならないようにと失敗を授かった

I asked for all things, that I might enjoy life.
I was given life, that I might enjoy all things...
人生を楽しもうとあらゆるものを求めたのに
あらゆるものを楽しむために人生を授かった

I got nothing I asked for but everything I had hoped for;
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am, among men, most richly blessed!
求めたものは一つも与えられなかったが
祈り(言葉に表現できなかった真の願い)はすべて聞き届けられた
私はもっとも豊かに祝福されたのだ
=======================

カリタス修道院の日本人シスターが歌っていたので、リンクを2つ張っておきます。
興味のある方はどうぞ!

歌詞とシスターのCDかな?


シスターの歌唱


その後、10日ほど通い詰めるもののチビの川育ちレインボウ1匹のみ。まとまった雨が降って川が濁り、その間はホームリバー中流部でFF。30cm位のレインボウを釣り上げました。この魚も1m位の大ジャンプを見せてくれます。

DSCN3417 - コピー

そして、ホームリバー中下流部ヤマメ場所でのイブニング。
釣り始めてまだ明るい時間、まさかの2投目にスチールヘッドが掛かりました。

この場所は上流にも下流にも魚を追いかけることができます。しかもまだ明るいし。
この魚は慎重にやりとりして寄せましたが、今回は小さめのネットだったので最後に少し難儀したものの無事ネットイン。
このサイズでこの場所ならラクチン。

DSCN3425 - コピー

そうこうしているうちに、鮠ケ淵ではボウズが続き、走りの秋サケ遡上を目撃。
8月最終日。晴れ上がって気温も高く、僕の立ち位置からフライが届かない場所ばかりでスチールのライズに囲まれてボウズ。鮠ケ淵の9月以降は秋サケ遡上期間で下流部の釣りは自粛。サマーランスチールヘッドのシーズンをほぼ終えました。

8月、河口付近の海岸、最盛期の海カラフトマスやハシリの秋サケ釣り場はアングラーで混雑していたハズ。
7~8月、僕は川の下流の大渕、(自称)鮠ケ淵で誰にも会わず、たった一人で、ほぼ毎日、スチールのイブニングライズを見る日々でした。

DSCN3226 - コピー

8月のスチール、ホームリバーも含め、ヒットはたった3回、獲れたのはたった2本ですけど・・・、1時間20分の激闘やボウズ続きの中でのキャッチで僕に与えられたのは魚ではありません。
数や大きさといった結果を誇示するためのプロテクニック(技)でもありません。
僕が得たのは、結果が成功で失敗でも、そのプロセスを楽しむアマチュアアングラーのスピリット(命)だったのだと思います。

スチールヘッド・・。
5年前、漁港で出会った川の疑似餌釣りを引退した高齢アングラーが僕に教えてくれたヒント。
「下流のプールに行ってごらん。たまに良い魚が入っているから・・。」

通い始めて4年。素晴らしい思い出ができました。でも僕もいつかは引退する時がやってきます。その時になったら、きっと、この鮠ケ淵に佇んで、スチールと激しい攻防をしたことに想いを馳せることでしょう。

そして見込みのありそうなアングラーには、ヒントだけ伝えるかもしれません。(釣り方は自ら、経験しながら習得です。)

だから今年は昨年と違って、秋サケ、晩秋カレイも楽しめますね。ファイトは別として、スチールとは違う趣きがありますから。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

7月の釣りはシェルブールの雨傘で・・I wait for you

もう、ぼろ具のブログもう止めようかと思いつつ、更新です。

お約束の音楽は”シェルブールの雨傘”。

1960年代、カトリーヌ・ドヌーブ主演、フランス映画の挿入曲。
いわばフレンチポップスです。

素晴らしいメロディーはJAZZボーカリストも沢山カヴァーしています。

でも原曲はこれですね。アンディー・ウィリアムの歌唱。



JAZZカヴァーなら、フランクシナトラも良いけど、やっぱりサッチモですかね。



====================
僕のテキトー訳(直訳風、女性バージョンで)
====================
If it takes forever I will wait for you
For a thousand summers I will wait for you
Till you're back beside me, till I'm holding you
Till I hear you sigh here in my arms
永遠に続くとしても 貴方を待っている
幾千も夏を迎えようとも 貴方を待っている
私のそばに貴方が戻ってくるまで
この胸に貴方を抱しめるまで
腕の中であなたの吐息を聞くまで

Anywhere you wander, anywhere you go
Every day remember how I love you so
In your heart believe what in my heart I know
That forevermore I'll wait for you
貴方が何処にいようとも 何処に行こうとも
毎日思い出して 君をこんなに愛していると
私の心の思いを信じて欲しい
いつまでも貴方を待っているということを

The clock will tick away the hours one by one
Then the time will come when all the waiting's done
The time when you return and find me here and run
Straight to my waiting arms
時計は1時間、1時間、カチカチと時を刻み
待つことも終わりになる時に近づいてくる
貴方が戻り 私を見つけて
真っ直ぐに腕の中に飛び込んでくる時が・・

If it takes forever I will wait for you
For a thousand summers I will wait for you
Till you're here beside me, till I'm touching you
And forevermore sharing your love
永遠に続くとしても 貴方を待っている
幾千も夏を迎えようとも 貴方を待っている
私のそばに貴方が戻ってくるまで 貴方に触れるまで
そして 永遠に愛を分かちあうまで
====================

さて本題
5月末、6月頭にスチールヘッドを獲って、6月末に大物に逃げられ、7月のメインは鮠ケ淵のスチールです。

でも、雨でシケの日は、海のソイ。そして、土日は清流コイ釣り。

結局、ソイは7月上旬に、1回だけ。

DSCN3139 - コピー

まずまずのサイズを揃えました。

DSCN3140 - コピー

ソイのカルパッチョも!

DSCN3236 - コピー


その後は、清流コイ釣り。
DSCN3170 - コピー

産卵前に、2匹。

DSCN3175 - コピー


後は、本命の鮠ケ淵で

DSCN3156 - コピー

スチールと大型遡上ウグイ狙いのFF。

1匹掛けたらイブニングライズは終わってしまうナーバスな場所。7月上旬は大きな遡上ウグイばかり。

DSCN3164 - コピー


ところが、中旬から大型カゲロウの成虫羽化が始まったら、魚が居なくなりました。

どうしてかというと、大量の脱皮殻に誘われて河口まで下ったのです。でもこれは大きなスチールの遡上を呼び出すトリガー。

中旬からスチールの跳ねを毎回みています。でも釣れない。

立ち位置や流し方をいろいろ試しました。

ボウズの連続。

こういう時はたまに浮気したり、雨で濁りが入ったときは鉄板のFF。

近所の小河川で雨の降り始めに、

DSCN3275 - コピー

ナイスなヤマメとか・・

DSCN3272 - コピー

塩焼きとか・・

DSCN3287 - コピー


ホームリバーで

DSCN3198 - コピー


30cm位のレインボウとか・・

DSCN3203 - コピー

DSCN3323 - コピー

ムニエルとか。

DSCN3210 - コピー

でもね、空しい。

通い続けた、鮠ケ淵でのスチールはノーヒット。

7月後半、毎回、イブニングで大きなジャンプを見続けました。

7月最後の休日は、産卵期なので2週間休んでいた早朝の清流コイ釣りを再開。
産卵はまだ完全に終わっていないようで、魚影は薄い。

初日はボウズ。2日目は63㎝。カーディナル66のセットにヒットしたので、スプール軸が見えるくらいまでラインを引き出されてしまいました。

DSCN3303 - コピー


月末に、11ftのスイッチロッド#4と#6を手に入れ、スペイ風キャストを練習。

鮠ケ淵で・・。

DSCN3325 - コピー

近所の小河川でスイッチFF。これはロールキャストですけど、今まで入ったことのない場所で快釣。

DSCN3338 - コピー

嗚呼、もうスチールはダメかもしれない。

7月末にはカラフトマスの遡上が始まり産卵床を掘っている様子を観察。
9月には秋サケが来るので、8月でシーズン終了。

ちょっと”やさぐれた”気分で月末を迎えました。

で、7月の鼻歌は I will wait for you

記事の締めは、女性歌手のカヴァー。今でも歌い継がれるスタンダードJAZZソングです。

スウェーデンの Jill Johnson 、ビッグバンドをバックに、
オランダのローラ・フィジー風のアレンジで。



そして僕のお気に入りの歌唱。
名古屋方面で活動している赤崎真由美さん。
リナ・ホーンの名演を意識しています。



ボウズ続きのスチールのおかげで、僕もきちんと歌えるようになりました。

鮠弾きじゃなくてピアノ早弾きのマッコイタイナーの演奏でも歌えますから。

スチール、鉄板のレパートリーです(笑)。



まっこ痛いなー・・なんちゃって。

8月、皆様は、是非、良い釣りを!

僕は、スチールがボウズだったらブログ止めますから。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる