スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ フライフィッシングは気取らずに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮠ケ渕でボウズ続きの合間にエキシビションFFの日々

超難関、鮠ケ淵のイブニングFF・・6連続ボウズ。

大きなウグイは産卵を終えて海に戻ったようです。代わって新仔ヤマメのライズがちらほら。

そして遡上したスチールがドッバ~ンでボウズの日々。

コピー ~ DSCN1154

この場所は一度まとまった雨が降ると、暫くの間、濁りが取れません。

鮠ヶ渕の濁りが取れるまでの間に、ホームリバーや幾つかある近所の小河川で、エキシビションFFを綴ります。

===================

7月最後の休日、早朝コイ釣りのシメはイブニングの渓流FF。

渓流はここ数日続いた雨の増水と濁っていましたが、チェリープールだけ濁りが無くなっていました。

コピー ~ DSCN1122

今回はドライフライ。

4回アタックがあって、2匹キャッチできました。写真は1匹目。

持ち歩くネットが大きすぎて、魚が小さく見えます。

コピー ~ DSCN1117

===================

7月最後の日曜日、日中は昼寝。夕方は早めの夕食を済ませて、近所の小河川。

コピー ~ DSCN1146

先週の長雨でかなり増水していました。暗くなってからチビヤマメが散発的ライズ。

果たしてナイスサイズのレインボウやスチールは居るのか。

ウェットフライをひたすらアップストリームにキャスト。

狭いフィーディングスポットを通ったときにライズしたのは30㎝のニジマスでした。

コピー ~ DSCN1137

体高が低く、ではないので川育ちでしょう。

===================

8月1日月曜日。久々に気温が上がって蒸し暑い。

イブニングに激流のホームリバーへ直行。

コピー ~ DSCN1147

川の中に立ち込まないで立っているとなま暖かい風。膝下くらいの水深のところに、大石の上部が水面直下になっていたので、そこに腰掛けてみたら川面の風は涼しく気持が良い。

コピー ~ DSCN1148

そこに座ったまま移動せず適当にフライをキャストしていました。

だからチビニジが1匹。赤ちゃんの行水みたいな脱力FFです。

===================

8月2日火曜日は超難関の鮠ケ淵でFF。

まだ増水して濁っていました。

魚の気配はあってもライズはごく僅かでボウズ。

8月3日水曜日は近所の小河川で新仔ヤマメに遊んでもらいました。

雨が降ったかのようなイブニングライズの中、2年魚も釣れました。

コピー ~ DSCN1162

この個体は生き残っていれば来年の春に降海するのです。

===================

8月4日と5日、木曜日と金曜日は超難関の鮠ケ淵のイブニングFF。

1匹だけスチールがジャンプしていました。・・6連続ボウズ。

日中はカワウが泳いでいて、イブニングなのにチビウグイまでもライズしなくなっています。

8月6日、超難関の鮠ケ渕のイブニングFF・・7連続ボウズを回避。

立ち位置は上流側。10番サイズの古典的ウェットフライをダウンクロスで流す作戦。

コピー ~ DSCN1170

遠くの小さなライズに向かって投げたらチビヤマメがヒットしてボウズ回避。

コピー ~ DSCN1166

その後、スチールが3回ライズ。1回目は隠れ家付近。2回目は目の前5m位の所でスチールがドッバ~ン。

3回目はかなり下流の渕尻。

結局、スチールは釣れなかったけど、毎日目撃しているので、これで良いのです。

明日の日曜日、FFは休み、早朝から海岸に行きます。

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

無斑ニジマスとスチールヘッドで♪♪おいしい水♪♪

先週の火曜日は用事でロングドライブ。

夕方帰宅してから近所の小河川へ向かいました。

上流部 ~ DSCN1056

明日から数日間の豪雨予報。既に海は大シケで爆風。

広い河原のFFは無理なので、近所の小河川です。

まずは風が弱い上流部で30分ほどZACCOトラウトのFF。

コピー ~ DSCN1058

ここで変わったトラウトを釣り上げました。

コピー ~ DSCN1053


最初は茶色っぽい色からウグイかと思い、姿を見てイワナかと思い、手元に寄せてよく見たら無斑のニジマスでした。

コピー ~ DSCN1043

可能性は3つ。
①最上流部に居るイワナとの交雑、②一時銀毛化してから降海を諦めて婚姻色を出した個体、③突然変異の無斑・・

少し下流に魚止めがあって遡上トラウトはやって来ませんから、僕には謎の魚です。

何匹か釣れた普通のZACCOニジマスも色が濃くなって綺麗でしたけどね。

コピー ~ DSCN1049

上流部で30分ほど釣ってから下流部のプールに移動。

もう十分楽しんだので、鼻歌混じりです。

昨日まではブルースだったのに、今日はボサノバ

「Água de beber おいしい水」 
僕は、ポルトガル語ではなく、鼻モゲラ語でしたけどね。

Água de beber - 小野リサ - 訳詞付き


19時前後から、おそらく今月最後の渓流FF。

この所の好天で水量は激減。

チビヤマメが散発的にライズしているだけ。

減水と荒天はチャンスと読みました。

浅い細流ですから、減水で川岸のアシの影に潜んでいた魚が深いプールに移動して集まることでしょう。

日中から薄暗く警戒心も弱そうです。

下流部は海風の影響で風が強く巻いていました。

風に流されてキャストが微妙にズレて難儀。ひたすら粘り、うす暗くなった頃に雨が降り出して、それでも、めげずにキャストしていると、・・

下流部ー ~ DSCN1078


ウェットフライを引ったくる激しいアタリが出ました。ジャンプの連続!!

小河川としてはナイスサイズのスチールヘッド、4本目。

スチール6 ~ DSCN1075

ところが・・、家に帰って6月からの写真を見たら、この日の魚は6本目だったと確信しました。

3本逃げられているので、9本も下流部でヒットしたことになります。

このサイズが細流に溜まっているのは、川育ちであるはずはありません。

翌日から豪雨が続き、7月の渓流FFも、最後の休日を待たず、強制終了となるかもしれません。

8月は中規模河川、ボウズ続きの鮠ヶ淵で、より大きな遡上トラウトを、なんとか釣り上げてみたいものです。


テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

渓流FF、鮠ケ淵3日ボウズの後は、ホームリバーで快釣

中規模河川の下流部、鮠ケ淵。

この川は水温が低く、一度濁るとなかなか清流になりません。

清流のまま雨が降らず減水しても、カワウの攻撃で、これまた難しい場所。

3日連続でイブニングに通いました

初日は、ここで遡上トラウトの跳ね。

ドッカ~ン3回、目と鼻の先5m。

コピー ~ DSCN1035

2日目のイブニングも、ドッカ~ン3回。

コピー ~ DSCN1017

3日目もドッカ~ン2回でボウズ。

写真を撮る気力もありません。

気温が低くて、曇天。捕食ライズは散発的で流れに定位していません。

本当に難しい。

蒸し暑い日を待つのみ。

先週の月曜日、久々に快晴で気温が上がりました。

ところが夕方から曇り始めます。

明日から数日は雨予報。

3日間ボウズだった鮠ケ淵の方は雲行きが怪しいそうなので、ホームリバー、ホームポイントに行き久々の渓流FF。

中上流部で激流なのに水温が上がって良い感じ。

コピー ~ DSCN1035

同じポイントで何匹もアタックがあって絶好調でした。

コピー ~ DSCN1039(2)

これでまたボウズ続き、鮠ケ淵のスチールヘッドにトライできそう。

でも、以降の天気が悪くって・・・。

火曜日は・・・(笑)。

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる