スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 懐かしのオールド・リール

ペン スピンフィッシャー 700 栄光の1号機 Penn Spinfisher 1961年の謎

(写真を入れ替えと追加、記事を少し手直しして、再度アップしました。)

写真は ペン スピンフィッシャー 700。 

緑色ボディーのインスプール・スピニング。

1960年代前期のモノ。



スピンフィッシャーといえば今でも根強いファンがいます。

金と黒のツートンカラーは、海のルアーフィッシングとかには、とても映えると思います。

そのスピンフィッシャー、1960年代は緑色と白という、ナチュラル系のツートンカラーでした。



ペンのHPによれば、ペン初のスピニング、700は1961年に誕生。

その準備は1959年頃から始められていたようです。

当時の用途は、米国では、投げ釣りの他、リーフでの巨大ターポン釣りにも使っていたようです。

==========
重量:620g位
ギヤ比3.8
20/250(yds/lb)
ウォームギヤ
ハンドル1回転で1往復のオシュレーション
==========

700は栄光の1号機。

その後、一回り大きい706とか、700と同サイズの704、小型の710、712、714、716というインスプール700番台がシリーズ化されたのです。

いわばペン社スピニングリールの開祖。

でもこのスピニングのデザインやギヤは、1950年代からある同じウォームギヤのシェイクピア社の自社製造スピニングに“うり二つ”。

外観も中身も。



そしてローター回りも、そっくり。



ペンがパクったのか?、製造工場を買い取って技術者も一緒に引き抜いたのか?、シェイクスピアのOEMなのか?、同じ工場で両者を製造していて所有会社がSからPに変わったのか?

(1960年代以降、シェイクスピアのスピニングは自社製造を止めて大森製作所のOEMになっていくようですから、なにか関係があるのかもしれません。)

僕には謎のままです。

1960年代に米国フルーガーや英国の老舗オールコックとJWヤングを買収していたシェイクスピアは、OEMの大森が倒産してからスピニングでは勢いが無くなったようです。

一方、ペンは伝統の両軸ばかりか、後発のスピニングでも快進撃でした。

最近知ったことですけど、シェイクスピアは10年位前にペンを買収し、その後にシェイクスピアも“ピュア某”に買収されたんですってね。

戯言はこの位にして、このリール、とても気に入っています。

ハンドルは、ペン両軸リールと同じ魚雷型。

逆ねじ込み式で折りたたみ機構すらないシンプルさ。ゆえに、ガタつきなし。
(1962年以降のモデルは折りたたみハンドルになりますから、1961年ファーストモデルの証。)



カーボロイ素材のラインローラー、現代のPEラインも使えます。



ミッチェルにあるローターのバランスウェイトは、ペン700にはありません。

それなのに、回転ブレが全く無いんです。



写真のリールは、1960年代に国内の業者が輸入販売していたモノ。

リールに、当時販売していた会社のシールが貼ってありました。



ペンリールジャパンの品質保証シールではありません。

その会社名は“ダイナミック釣具株式会社”

実はダイワ精工の関連会社で、ダイワ製品の卸販売を手掛ける1960年代の会社。



当時、ダイワの自社製品は目も当てられないほどの低レベルで、稲村製作所のリールを自社ブランドで国内販売や対米輸出していました。

㈱稲村製作所が製造元、㈱ロディー釣具が販売元と同じ関係ですね。

さて、当時モノのサーフロッドは、なかなか手に入らないでしょうから、現代のオクマの白い竿Okuma Tundraとかペンの紺色のPowerspin(スピンパワーではなくパワースピン)とか、グラスのサーフロッドで使ってみたいなぁ。


ABU CARDINAL 名前の考察・・ネーミングの妙 

たわいもない与太話です。

写真は アブ カーディナル 4機種 77 66 44 33 の初期モデル



ABU CARDINAL は滑らかなウォームギヤを使ったスピニングリールの中でも一、二を争う傑作といえるでしょう。


(1974年 英国版カタログより)

最小モデル33は1970年代、それ以外は1960年代のモノ。

77は66と同じボディーで、スプール容量が30%弱 多い兄弟機。

スプール前面のプッシュボタン、44、66、77は先代ABU444と同じ丸型。

最後にリリースされた33は、後期の各モデルと同じ平らなプッシュボタンです。

スプールの素材、小型の33と44のスプールは始めから樹脂。

中型の66と77は金属で、後期に樹脂に変わります。恐らくコストダウンでしょう。



そしてABUには大型のスピニングがラインナップされたことがありません。

さて本題、今回はスペックや製造年代の話ではありません。

主題は“ネーミング(命名)の妙”です。

カーディナルを米国の赤い鳥、“ショウジョウコウカンチョウ(猩々紅冠鳥)”のカーディナルと思っている人もいますが、本当の語源はローマ・カトリック教会の職位、“枢機卿”。

枢機卿が身につける服が赤いので、赤い鳥をカーディナルと呼ぶようになったようです。

釣り具、ことリールには御大層な名前が多くて、アンバサダー(大使)とかミリオネラ(百万長者)とかプレジデント(大統領・社長・頭取)とか、マーキス(公爵)とかプリンセス(王女)・・・・

俗世間から離れて自然の中に身を置くフィッシングという趣味の道具の名前としては、個人的にはちょっと違和感があります。

(ステータスとか所有欲をくすぐるネーミングなのでしょうかね。)

Pennスピンフィッシャーのようにストレートだったり、ミッチェルのように番号だけのほうが、“けれんみ”がなくて好きです。

“外連味(けれんみ)”という言葉、もともと“正統でない、邪道”から転じて“奇抜な演出”、“はったり”の意味で使われています。

僕がブログ記事で“赤い5000番”とか“ABU7000番”と書いて“アンバサダー”を誇示しないのはそういう個人的な理由で、“堅牢で実直なモノ作り”にこそ“惚れている”からなんですね。



ブランド名とか製品名にステータスを感じたり、惚れているのではありません。

余談になりますが、大昔やっていたバスフィッシングで、フレッドアボーガスト社のプラグや、グディプロッド社のブランド“ゴールデンアイ”のプラグの数々に付された“遊び心あるネーミング”が好きです。

(本題から逸れるのでプラグルアー名を詳しくは書きません)

ローマ字(横文字)は片仮名や平仮名と同じ発音記号ですけど、横文字文化圏では言葉の意味を理解していても、日本では商品名としてしか捉えていない場合が多いでしょう。

そこで、考察・・。

ウィキなどによれば、
===========
CARDINALの語源は、“ドアのちょうつがい”を意味するラテン語“cardo”で、「中心、かなめになる働き」という意味から、「主要な・重要な」の意味になっていったらしいです。

そこから枢機卿という職位名、CARDINALと名付けたようですね。

後に、“枢機卿は真紅の衣をまとうことから、ヨーロッパ諸語では「カーディナル(枢機卿)」は「赤」の代名詞となった。”


(写真:wikiより引用)
============

では”緑色の”スピニングにつけられたカーディナルは「赤」や「赤い鳥」ではなく「枢機卿」の意味?、それとも「主要な、重要な」の意味?

枢機卿はローマ法王を補佐する職位で、トップ、ボスではありません。

あくまでサポート役。

昔の中国とか日本で始まった、仏教の官職、僧と尼の管理監督者の職位で大僧正、正僧正、権僧正と3階級あるそうですから、枢機卿は、いわば正僧正。

つまりカーディナルというスピニングリールは大使とか社長とか百万長者より、一歩引いたネーミングなんですね。

アングラーへの信頼かつ権威ある”主要なサポート役”といったところでしょうか。

さしずめ日本なら、関東のD社で“正僧正77”、”大老66”とか、関西のS社で”関白44”、“大番頭33”とか。

カーディナルというネーミングを、欧米のアングラーが、「枢機卿の意味で」あるいは「主要なの意味」どちらで受け止めていたのか興味深いところです。

そして、大型のソルトウォーター・スピニングが無いことも興味深いですね。

スピニングは、市場としては米国より、内水面のコースフィッシングやサーモンフィッシングが盛んな英国を含む欧州市場を意識していたのかもしれません。

であれば、フライリールと同じく、スピニングは主役ではないものの、重要な補佐役ですし、米国とは釣りばかりか宗派的伝統の異なる欧州のアングラーには、“カーディナル”の名は理解しやすいネーミングだったのかもしれません。

そして、いわんとすることは、”緑色のカーディナル”は・・赤色で”高い地位”を示すカーディナルではなく、
自然豊かな緑の中で存在を誇示せず、環境に溶け込みながらも、枢機卿のように”要(かなめ)”となる働きをするリール・・・ではないかと思います。


(1960年代 ABUカタログ: Vintage Fishing Reels of Sweden より引用)

==========
(追記)
33や44は後に3,4と名称が変わり、製造を終え、以降”3”は何度か復刻のレプリカが国内販売されましたが、いろいろ不具合があったと聞きます。

2009年、日本の、とある釣り具商社が、ローズレッドの赤ボディー、黒のローターで”3”を限定生産で復刻したようです。

赤・黒・・これも、オシャレな色遣いですけどね。

・・・企画にあたって、なにか勘違いしているのではと、それなら名前も「カーディナルス サード 背番号3」にすれば「永遠に不滅です」なんていうキャッチコピーも使えてよかったのになんて、僕は思っちゃったりしています。

第一に優先すべき品質が落ちているのに、赤の色気で差別化して誘惑とは、

“外連味”あり過ぎ。“あざとい販売”だったとも思います。
==========

僕のアブ・カーディナルとの付き合いは、1970年代の少年時代から。

始めは渓流や湖のトラウト、ルアーフィッシングでした。

大型トラウトやカラフトマスのルアーフィッシングは、暫くご無沙汰していて、リールもお蔵入りしていたけれど、昨年のサーモンフィッシングで”66”が再デビューしたばかり。



今年は、渋い脇役として、久々に使い込んでみたいと思っています。



そういう訳で、新しい船出に向けて、カーディナルのネーミング・コンセプトを自分なりに考察した次第です。

ネーミングの妙・・カーディナルの与太話はこれで終了。

あとは実践あるのみ!



(ネーミングの妙・・・続編もありますがね。)


発表!2014年ポンコチリール実釣り大賞・・That Old Feeling

レディース アンド ジェントルマン・・・おとっつあん おっかさん

一昨年から始めた、僕のポンコチリール実釣り大賞の2回目。

第2回2014年 ポンコチリール 実釣り大賞 最終審査を終えました。



”NAWFサーモンワールドリーグ戦”の実況と解説を務めていただいた、”お古館一郎アナ”と”遠投釣吉”さんに実況と解説をお願いしましょう。

それでは、よろしく。

==============
お古館:「みなさま、あけましておめでとうございます。大役を務めます“お古館”です。解説は、名解説、迷解説、珍解説、3点セットの遠投釣吉さんです。」

遠投:「おひさしぶりです。もう出番はないだろうと思ってました。」

お古館:「さすがポンコチ解説者。あなたもしぶとく生き残っていますね。」

遠投:「イテテ。それはないでしょ。プロレスラーのようにポンコチこそ長命で生き残ります。今時の”S”や”D”は直ぐにメンテ終了の廃番でしょ。今回は寒いから、辛口解説、唐辛子まぶしでいきますよ。」

お古館:「はっ?。それがSDカード?、メーカーの切り札という意味?」

遠投:「お古達さんも、なかなか、サエてます。激辛。」

お古館:「オープニングはオランダのローラ・フィジィ "That Old Feeling"・・・大賞発表にふさわしいテーマ曲です。遠投さん、アンバサダー2500Cの記事にも同曲の動画がありましたね。」

Laura Fygi "That Old Feeling" Live at Java Jazz Festival 2005



遠投:「今回はローラ・フィジィですか。スピンキャストリールの良さが分かる歌手ですなぁ。和田アキ子では、こうはいきません。」

お古館:「はっ?????」

遠投:「ワハハ、お古館さん、僕と”間と息”がぴったり合ってますねぇ。さて、第2回は34機種がエントリーしました。」

お古館:「スピニングが14、両軸が7、スピンキャストが10、フライリールが3です。」

遠投:「昨年よりもサーモン釣りのエントリが多いようですね。おかげで仕事が増えました。」

お古館:「はっ?」

遠投:「スピニング、スピンキャストは激戦です。」

お古館:「遠投さんの予想は。」

遠投:「スピニングでは、ミッチェル300、イタリア国アルセドC2エリー、リョービ・ダイナファイト、ABU444、稲村製作所ロディージャイロ、大森製作所ダイヤモンドスーパーあたりが、ポンコチ度が高く有力と思います。」

 

 

 

お古館:「ポンコチ度?なんですかそれ。角度?」

遠投:「角度じゃありませんよ。高性能リールで数や大物を釣るのがステータスというのが風潮ですけど、そんなの当たり前でしょ・・みたいな。」

お古館:「なるほど。辛口です。」

遠投:「両軸オールドリールの改造も同じ。見た目はオールドでも内部機関をチューン。そんなの当たり前でしょ・・みたいな。なので、今回はノーマルなABU6000とPENNピアレス9が有力でしょう。」

 

 

お古館:「ちょっと辛口過ぎやしませんか。」

遠投:「魚釣りは道具じゃなく、ねばりと根性です。寒さで手や腕がかじかんでしまっても、ヒンズースカットでルアーにアクションを付け、同時に体も温めるのです。これが”力道山先生”の教えです。必要なのは”あれ”・・ファイティングスピリットとサムシングのスキルです。」

お古館:「イテテ!」

遠投:「柔道は“投げて1本”。ポンコチ道は”投げただけ”では1本になりません。」

お古館:「ほう・・それで・・?」

遠投:「フォールかギブアップを取って1本。僕も吉村道明君もそうですが、カレイなドロップキックがキメ技。最近流行の新技をオールドタイマーの吉村が使ったら、もはや吉村道明ではありません。ドロップキックで弱らせて、回転エビ固めでキメルのです。」

お古館:「じつに分かりやすい、迷解説です。遠投や改造だけではダメということが分かります。」

遠投:「遠浅サーフの大キスや、磯の遠投カゴ釣りなどは別ですがね。メゴチやフサフグでは1本にはなりません。」

古館:「それは、激辛、唐辛子まぶしです。」

遠投:「スピンキャストは、昨年の部門賞ABUMATIC290は普通に考えれば最有力ですが、性能の低い、つまりポンコチ度の高いダイワや韓国シルスターにも注目します。」

 

お古館:「ポンコチ度。ようやく分かってきました。」

遠投:「フライリール部門はシェイクスピアかミッチェルのいずれかを予想します。あるいはノーコンテストのJWヤング。」

お古館:「はっ?。前回は5機種、今回は3機種しかエントリーしてませんけど。」

遠投:「なので、フライ部門、僕の予想は間違いなく当たります。」

お古館:「初めに部門賞、続いて特別賞、最後に大賞です。」

遠投:「僕もドキドキします。大穴、万馬券を取りますよ!」

====================
(部門賞)

★スピニング部門は・・・稲村製作所ロディー・ジャイロ225



お古館:「昨年の特別賞、ロディー4000に続いて稲村製作所です。」

遠投:「英国帰り、衝撃のデビューでした。おそらく実釣りの記録写真はこれが世界中で初めてでしょう。」

★両軸部門は・・・ABUアンバサダー6000(赤)



お古館:「下馬評ではPennピアレス9と二分する評価、今年もABU軍団が部門賞でした。」

遠投:「これは僅差です。6年魚の巨大サーモンをスプーンオンリーでスマッシュヒットは衝撃でした。スモークサーモン作りにも貢献しています。」

 

お古館:「ということは、Pennピアレス9は大賞候補?」

遠投:「・・・・・・・・・・。」

★スピンキャスト部門は・・ABUMATIC160

 

 

 

お古館:「スピンキャストでは、遠投さんの予想はハズれました。」

遠投:「イテテ。ニジマス料理やフェアレディーと同伴メバル、サーモンもこれにはかないません。」

★フライリール部門は・・・該当なし

お古館:「遠投さん、また予想をハズしました。該当なしです。」

遠投:「Ohイテテ。ハズしたら覆面を脱ぐ宣言はしていませんョ。」

お古館:「該当なしということで、特別賞は1本ではなく2本とのことです。」

遠投:「これは楽しみ。」

(特別賞)

★特別賞は・・・ダイワハイキャストNo.2と韓国SILSTAR AC3160(シェイクスピア シグマ 003)

お古館:「スピンキャストリールから2機種。」

遠投:「まさかのサーモン。ポンコチ道の王道を、見事に歩みました。ドラグも余り効かない、巻き上げ力もスピードも無い中で、両者ともに壮絶なファイトでしたね。」

お古館:「ベビーフェース系とヒール系の覆面リール同士、激しい戦いのワンダーランドでした。」

 

(ポンコチリール実釣り大賞)

お古館:「さていよいよ大賞。」

★大賞は・・・・ミッチェル 754 





お古館:「なっ、なんとフライリール部門で大賞とは。どういうことでしょうか。解説を・・」

遠投:「ほら、僕の予想通り。フライリールは元々脇役でギミックは無し。”2014年 最高の釣り”のパートナーになったからでしょう。軟らかいラチェット音、シルキーなドラグ、そして御身足に僕も惚れますた。シルクのシャイニーストッキングです。サイトフィッシング、ショートキャストこそフライフィッシングの醍醐味。あらゆる釣りに共通する原点なのでしょう。」


==================
お古館:「主催者からメッセージが届いています。」

遠投:「ほう・・・・・」

お古館:「遠投さん!まとめのコメントを。」

遠投:「今年もポンコチリールで美味しいサケ・イクラ丼をよろしく・・・・」



お古館:「だめだ、こりゃ。遠投さん!」

遠投:「Pennピアレス9を総帥とするPenn軍団、惜しくも受賞は逃しましたが、大健闘です。2015年は必ずリベンジを果たすことでしょう。あとはミッチェル他、投げ釣り軍団の奮起も期待したいところです。」

 

 

 


お古館:「では、主催者のメッセージです」

======================
皆様 新年おめでとうございます。

アトランティックな夜~Atlantic Night Tales~をお読み下さり有難うございます。

オールドタックルを使った“ぼろ具”の“ブログ”を立ち上げたのは、2012年1月7日。

Tシャツです

もうすぐ、満3年。

そして、陸っ張りオンリーのスタイルに切り替えてからも、同じく3年になります。

この3年間、ご近所フィッシングに徹し、小回りのきいた釣りでした。

繰り返し同じ場所に通うことで、釣果だけではなく、自然の変化を愛でるゆとりも生まれてきました。

ただ3年も続けると、ややマンネリ感も出てきていますから、2015年は、これまでやっていない釣法、対象魚にもチャレンジしていこうと考えています。

もちろん釣果オンリーではなく、自然観察、料理、オールドタックル、音楽も交えてコラム記事を執筆していきます。

これからも、アトランティックな夜をよろしくお願いします。

読者の皆様も、良き1年となりますよう。

以上をもちまして、2014年、ポンコチリール実釣り大賞は完結いたします。

=======================

遠投:「繰り返しお願いします、今年もポンコチリールで美味しいサケ・イクラ丼をよろしく・・・・あとグラタンも」

お古館:「救急車呼んで下さい、遠投さんがポンコチウイルスに感染してます。それではエンディング・ミュージックでお別れです。」

遠投:「往年のアイドル歌手、神田広美!・・これまたオールドながら、今でも活躍。”唐草模様”のコスチュームは1970年代国産スピニングのスプールをほうふつとさせます。こりゃムーディーな”アトランティックな夜”だわ。シャル・ウィー・ダンス。♪♪」



神田広美 Hiromi Kanda - That Old Feeling



I saw you last night and got that old feeling
When you came in sight, I got that old feeling
The moment that you danced by, I felt a thrill
And when you caught my eye, my heart stood still

Once again I seemed to feel that old yearning
Then I knew the spark of love was still burning
There'll be no new romance for me, it's foolish to start
for that old feeling is still in my heart


========================
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる