スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ルアーフィッシングは脱力系で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月2日 粘るメバル釣りでキッチリ

GW期間の休日、僕は釣りには行かず雑用が恒例。

仕事も暦通りです。

で・・5月2日の平日は仕事帰りに出撃しました。

若潮ですけど、18時の干潮からゆっくりと潮位が上がっていく潮回り。

南風の予報だったのに、冷たい東風でした。

DSCN0198 - コピー
 
1週間前に苦戦していたので、常連氏と事前に情報交換すると、活性の高い時と低い時の差が大きいとのこと。

今回もあまり期待できません。

案の定、日没直後のアタリは散発的でした。

2本釣り上げてからはアタリがピタリと止みました。

DSCN0204 - コピー

そこへ4名の定連氏一行がやってきて小1時間ほど。

ナイスサイズのメバルを1匹釣ったものの、アタリもないのでから撤収していきました。

本命はメバルではなくソイなのです。
(これは地元の定連氏ならではの余裕の釣りですねぇ。)

その間、僕もアタリ無し。

僕は粘って時合いを待ちます。

1時間に1回位、ほんの僅か活性が高まる感じ。

どうしてかというと、1時間おきに2~3回小さなアタリが出て、2本続けて釣れるから

こんな時でも僕は、繊細な細糸タックルと小型ルアーは使いません。

結果、24時近くまで粘って、尺超えは出なかったけれど、27~29cmのメバルを8本キープしました。
(ソイ・メバル釣りでは、普段はMAX6本キープで終了ですけど・・)

DSCN0206 - コピー

ネバルメバル釣りでキッチリ釣り上げて凱旋帰宅です。これは上出来。

この時期のメバルは抱卵していているため、身がやや柔らかめなので、3日ほど熟成後、昆布シメのお造りや粕漬けで身をしっかりさせてから、美味しく味わいましたよ。

DSCN0275 - コピー

DSCN0222 - コピー

明日からの休日・・GW中盤は、雨予報。

心穏やかに・・また雑用かなぁ~。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

6か月ぶりのソイ・メバル釣り・・食漁モードで快釣

先週からシケ続き。
そのあいだ、「への字型」オフセットダブルハンドグリップを2本改造。
3本のロッドにバットフェルールとコルクのフォーグリップを取り付けました。

IMG_0323 - コピー (2)2

昨日は久々にナギで、2週間ぶりに出撃。
6か月ぶりのソイ、メバル釣りです。
2本の改造ロッドにアブマチック290を乗せて2セットを交互に使います。

ソイ、メバルは初冬が旬。
小型はリリースしながら、レシピ毎に、思い浮かべながら2匹づつキープの釣り。

久々のナギで人出が凄い。夕方に風が吹き始めてから人気が無くなっていきます。
僕の時間が到来。向かい風の中でキャスト開始。

まずは「煮付け」2匹を確保。続いて「塩焼き」を確保。さらに「お造り+アラ汁」を確保。
いつもなら、リミットで終了なのですが・・、

これで止めようと思いつつも、風向きが追い風に替わって続行。
釣りも追い風モード。

「炊き込みご飯」も食べたくて、粘って2匹。
ついでに「ワイン蒸し」か「アクアパッツァ」にも2匹。

大物は釣れませんでしたが、食べ頃のナイスサイズを揃えました。
レシピを想い浮かべながら釣ったので、自制心が生まれて釣り過ぎ無くて良かったです。

写真のメバルはライトアクションの黒いロッド。

IMG_0346(2) - コピー

クロソイはミディアムアクションの黄色いロッドで。

IMG_0349 - コピー

重心はリールを乗せる前から、リールシートのオフセット部分なので、乗せても同じ。
重量は、ストレートグリップの時よりはるかに重いのに、持ち重りしません。

温かいコルク素材のフォーグリップ + ピストル型リールシート + スピンキャストリール + コルク素材・ダブルハンドのリアグリップ = 冬に (最強の 快適な脱力系)の釣りタックルです。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

素晴らしい雌サーモンを釣り上げました

訳あって、10月の前半は東京に行ってました。
実は、今期の初サーモンを釣り上げた日(9/28)の翌日、母が死去。

急きょ、実家へ。

葬儀を終えてからも、いろいろあって帰宅したのが10月15日。

帰ったら、サーモンは既に終盤で魚影が薄い。
IMG_0496コピー

16日はバラシ、その後3日間ボウズ続きでしたが、5日目に待望のヒット!・・72㎝の4年魚。

IMG_0485 - コピー


真っ黒なメスなので身は白くなっているかと思ったら、相当に栄養状態の良い個体だったようで、真っ赤な身。そして卵(イクラ)は超巨大。
素晴らしい雌サーモンを釣り上げました。

IMG_0489 - コピー

メスの薄い腹身も脂が乗っていて美味しかった。
あとはイクラの塩が馴染むのを待つばかり。

改造した黄色いグラファイト素材のベイトロッドと赤いABU6000のセットでの初釣果です。

これで今期の目標は達成。

既に晩秋のクロガシラカレイの季節ですけど、カレイ釣りは休日のみ。

平日はダメ元でサーモンをエキシビションでしばらくやってみます。

僕は、サーモンはウキ+スプーン+タコベイト+魚切り身というリグでの釣果主義ではなく、スプーンオンリーで楽しみます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる