スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 釣りの達人

小西茂木 淡水大魚釣りのオーソリティー そして僕の原点

コイ、レンギョ、ソウギョ、アオウオなどの淡水大魚の釣り、北国では超マイナーな釣りです。


マイナーだけに釣り場には人影がほとんど無く、水質も自然の景観も良い釣り場での淡水大魚釣りは、他の釣りジャンルに無い味わいがあります。


そしてコイ釣り、淡水大魚釣りといえば・・・この方・・、故 小西茂木氏です。


小西茂木(本名は茂樹) 児童文学者、作詞家、そして淡水大魚釣りのオーソリティー。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

1908年和歌山県生まれ


1957年、氏のレンギョ釣りを雑誌社が取材、以降、淡水大魚釣りの執筆活動を始める


1965年「淡水大魚研究会」を発足


1968年「淡水大魚釣り」(東京書籍)を出版

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

以降、著作多数。

1992年逝去(享年84歳)


僕は、極く最近にコイ釣りを始めたばかりの素人ですが、実は小西茂木氏の著作「淡水大魚釣り」を子供の頃、穴の開くほど読んだ思い出があります。


著作「淡水大魚釣り」の内容については下記サイトを参照して下さい。


http://www.aouo.com/konishi.html

僕が記憶しているのは・・・・・、


①:音で寄せる釣り。


②:初めは英国ハーディーの竿を使っていたこと。
(あるサイトの記事によればバンブー素材のサーモンフライロッドを鯉用に組み替えたコイ竿らしいです)


③:後に、多田一松氏により制 作された六角バンブーの専用釣り竿を開発。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

④:当時、氏の愛用するリールはPennビーチマスター155だったと記憶しています。


⑤:その後の著作を見ると、後にはABUアンバサダーなども使い、ウキ釣りも取り組まれていたようです。



実は、今頃になって、僕が両軸リールの投げ釣りやコイ釣りを始めたのは小西氏の著作「淡水大魚釣り」の影響です。


過去、大きく影響を受けた書籍上の人物は3人。

 ↓
漫画家・随筆家、わちさんぺいの少年向けの著作(漫画と釣り入門書)から釣りへの興味を・・・。


児童文学者、淡水大魚釣師、小西茂木の著作「淡水大魚釣り」から、両軸リールの投てきと、大物釣りへの憧れを・・・。


西園寺公一の著作「釣魚迷」から、フライフィッシングなど西洋の釣り、サーモン用フライロッドを使った中国の淡水大魚釣り、そして伊豆の磯釣りなどを通して、マルチアングラーのジェントルな姿を・・・。


以外もいるのですが、スポンサー付きの、作家や釣りライターだったりするので、この三氏のようにアマチュアのアングラーではありません。

インパクトはあったものの、更に釣りが好きになった訳ではなく、それぞれの釣法に一時的に心引かれただけだったと思います。



小西氏の著作が刊行された1970年前後は、下水道も完備しておらず、氏の通われた埼玉県荒川水系も水質汚染が酷くなっていたことでしょう。


現在はアユやサクラマスも遡上するほど回復しているようですが、景観はどうなんでしょうか。


機会があれば、遙か昔に処分してしまった名著「淡水大魚釣り」をもう一度読み直してみたいと思っています。


そして入手は叶わないとしても、氏の愛用されたスプリットバンブーのコイ釣り用リール竿の実物も、機会があれば、自分の目で見て、手で触れてみたいと願っています。


(僕が黄色いグラスのベナベナ真鯛竿に両軸リールをセットして投げ釣りをしているのも、このバンブーのコイ釣り竿から影響を受けているのでした。)


・・・(つづく)


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



========
※写真はこちらのサイトの記事から引用させて頂きました。


中川の鯉とヘラブナ釣り日記:「鯉釣りエピソード 小西茂木さん!!」
http://koituriman.blog.fc2.com/blog-entry-150.html
青魚倶楽部:名著「淡水大魚釣り」賛歌
http://www.aouo.com/konishi.html


小河川で見た「川のぬし釣り」・・ワンダフルジャーニー!

「川のぬし釣り」というRPGゲームがかつてありました。


1990年ファミコン版から始まり、スーパーファミコン、ゲームボーイ、プレステ、プレステ2、Willなど沢山のシリーズソフトがあります。



アトランティックな夜


子育てしていた頃、子供と良く遊んだゲームです。


というかお父さんが子供より熱中していました。


このゲームは釣りテクニックはさることながら、釣りの雰囲気を実に良く味わえるゲームでした。


川のせせらぎや波の音など背景の効果音は抜群でした。


ゲーム開始直後は短いノベ竿と大きな玉ウキしかもっていません。


ミミズや川虫を探して、ウグイやオイカワ、ヤマメなどを釣っていきます。


さて・・今日、近所の小河川で見かけた年配のエサ釣り師です。


アトランティックな夜

         ↑

こんな小さな浅い川なのに、4~5㎝もある大きな玉ウキを使っていました。


まるで「川のぬし釣り」の世界です!!


        ↓

アトランティックな夜


大きくても20~25㎝ほどのニジマスの川ですから、ちょっとビックリですけど、この方、よく釣っています。


やれフライだルアーだ、○○釣法だというのが、釣りの話題の中心になりますが、・・・


こういうウキでピクピクという感触も釣りのシンプルな楽しさですね。


僕もスレ針を使って、針を飲まれないようにして、玉ウキで釣ってみたいなあ!


アトランティックな夜 アトランティックな夜

ジョアン・ウルフ Joan Wulff  気品ある女性インストラクター

ジョアン・ウルフ Joan Wulff  というプロの女性 インストラクターがいます。

獣毛を使ったドライフライ、ロイヤルウルフなどで知られる米国の有名なフライフィシャー、故リー・ウルフ氏の奥様です。

この方の若かりし頃(1960年代)の動画を見つけました。

フロリダでのバス釣りです。ウェイダーを履かずに水の中に立ち込んでの釣りです。
Joan Wulff FKA Joan Salvato Fishing in the 1960s


こちらは近年のフライキャスティングの動画ですが、若い頃の写真も挿入されています(注目!)。

Joan Wulff Fly Casting


Casting and Fishing with Joan Wulff



日本では「釣りガール」とかいって、業界が釣具を売り込んでいますが、ジョアン・ウルフさんのように気品ある釣りガールは釣り番組で見たことがありません。

なんでだろ~

Joan Wulff's Dynamics of Fly Casting というDVDもあるようですので・・
近々購入して観ようと思っています。


アトランティックな夜
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる