スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 6月オールドリールで血と汗と涙の日々はYou 've made me so very happy

6月オールドリールで血と汗と涙の日々はYou 've made me so very happy

アトランティックな夜にようこそ

恒例の、音楽で語る僕の釣りアンソロジー、6月の釣りです。

記事タイトルは“オールドリールで血と汗と涙の日々”ということで、

いつもの通り、まずは音楽、You've made me so very happy

この曲のオリジナルはソウル系モータウンサウンド。
1967年ブレンダハロウェイの歌唱。メロウな感じが良いですね。

Brenda Holloway - You've Made Me So Very Happy


そして、1969年、伝説のロックバンド 
Blood, Sweat and Tearsのカヴァーで大ヒット。
You've made me so very happy by Blood, Sweat and Tears with lyrics 


Blood, Sweat and Tears、BSTといえばJAZZっぽいブラスセクションを加えた1970年代前後に一世風靡したロック系バンド。

当時のオリジナルメンバーには大学卒や音楽院卒のインテリが多く、今ではレコード会社の副社長やプロデューサーに転身したり、一流の現役ジャズミュージシャンとして活躍している人もいます。

JAZZ、ロック、ゴスペル、クラッシック系現代音楽など、なんでもこなすスーパーバンドでした。

このモータウンサウンドのカヴァー、ロックっぽくないですけど、ブラスセクションのアレンジは素晴らしい。

さて、本題、僕の6月の釣り。

それは血と汗と涙の日々。

7つの釣法で魚を釣る目標を立てたからです。


まだハシリの釣りや、経験値の少ない釣法は、まずは1匹といっても、苦難の連続でした。
しかも休日は殆ど風、雨、シケでしたから。

でもなんとかクリアーできました。

使った道具、とくにオールドリールは、いわゆるポンコチ、良く言えばビンテージリール。

もうボロボロで満身創痍のモノもありました。

初めはルアーで渓流魚をABUMATIC160とグラス素材ベイトロッドでスピンキャスト。



投げ釣りで大型のオールド・ミッチェル・スピニングと、ショートなグラス・サーフロッドで。







渓流フライはシェイクスピアの廉価モデル(JWヤング製)で。

僅かな遡行なのに、数を忘れる位、ビシバシと虹鱒を釣り上げました。

ニジマスがトビゲラを捕食する、すごいジャンプにも感動しました。


そこで一句・・・虹鱒が、トビゲラ獲らうと、捕らんぽりん・・



港湾や漁港でのルアーは、オールド・アンバサダー、赤の5000と、黒の5001Cで。

やりこんできたソイ釣りですから難なくクリアー。

ナイスサイズを連発しました。





淡水のコースフィッシング

小型両軸リールPenn9Mとワラサ用ムーチングロッドで50㎝台のコイ。

ハシリのコイ釣りで、かろうじてクリアー。これは7月からシーズンインです。




海のちょい投げ釣り

同じくPenn9Mとマダイ用ムーチングロッド、サンマ切り身エサで。

アナゴ釣果、一番乗りを目論見ますが、まだ早かった。

でも、タカノハカレイやソウハチカレイの嬉しいサイズを連発してクリアー。





苦労したのはサーフでルアー。

経験値も無く、地元でもやっている人は稀。

ポイント探しから始めるものの、休日はシケばかりで苦難の道のり。




僅かなナギの時間、なんと、スプーンリグにイソメ系のソフトルアーを付けて投げっぱなしにしていたら、チビカレイが。

これは誘っていないのでルアーフィッシングとは認めません。



サーフのルアーフィッシング、Penn5500SSは、お尻ペンペン。

これからも頑張ってもらいます。

で、海藻だらけの浅い地磯でジグヘッドを投げてクロソイをなんとか1匹。

ベイルの戻りも悪くなった満身創痍のミッチェル300が良い仕事をしてくれました。






一応、かろうじてクリアーですけど、これからもやりこんでいって腕を磨かなければなりません。

釣った魚も味わいました

ソイのアクアパッツァ・・・2年ぶりですけど、今回は最後は汁かけご飯でリゾット風に猫ご飯で完食。まあ、なんて、お下劣なこと・・。




ソイ、メバル、アイナメのオリーブオイルソテーをバルサミコ酢と柑橘で味比べ。
アイナメの美味しさを再発見しました。




小雨の中、ハマナスの海岸で両軸リールの投げ練習をしました。
マグチューンを施したPennサーフマスターとグラス素材13ftのセットで。




2回目の練習にはポイント探索も兼ねて置き竿してみたら、超チビカレイが。
秋サケ釣りの練習でしたね。




そして、いよいよ夏を迎え、海岸は海浜植物や高山植物のお花畑です。
海の中も黄色(笑)。













3月頃に悪い風邪をひいてから体調不良が続きましたが、釣りは粘り強く続けてきました。

続けたのは、6月は目標クリアーというやり方でしたから、プレッシャーがあったこともあります。

でも、全てクリアーできてからは、エキシビションとして余裕で釣りそのものを楽しむことができました。

少々苦しい、血と汗と涙の日々でしたが、クラシカルなデザインの味わいを持つオールドリールでの釣りが、結果主義に傾きそうな僕にゆとりと余裕をもたらしてくれたのは、間違いありません。

どうしてかというと、6月最後の休日もシケでしたが、渓流のドりフトフィッシングを初体験しに出かけることができましたから。



ABU3500番を乗せたヌードル竿で・・、結果はボウズですけど、いい雰囲気の釣法でした。

そう、6月の僕の釣りは、オールドリールでオールラウンドの釣りを血と汗と涙の日々、You've Made Me So Very Happy です。

==========
こんな感じの歌詞
(なみ平のテキトー訳)一部だけ
==========
I had lost that love  before
Got mad and I close the door
But you say, Try just once more
私はずっと心に愛を失っていて、頭がおかしくなって部屋に閉じこもってた
でも、あなたは、「もう一回トライしてみたら」って 言ってくれた

I choose you for the one
Now I'm havin' so much fun
You treated me so kind
I'm about to lose my mind
(だから)私はあなたをただ一人選んだ
今、私はとても楽しい
あなたは私をとても親切に扱ってくれて  あの時の辛かった心を包んでくれる

You made me so very happy
I'm so glad you came into my life
あなたは私をとても幸せな気持ちにしてくれる
私はほんとに嬉しい あなたが私の人生に入ってきてくれたから

The others were untrue
But when it came to loving you now
I'd spend my whole life with you,
(辛かった時)他人は皆、不誠実だった
でも、今、あなたを愛するようになったから
これからの人生のすべては、ずっとあなたと共に

‘Cause you came and you took control
You touch my very soul
You always show me that
Lovin' you is where it's at
You've made me so very happy
I'm so glad you came into my life
thank you baby
あなたが現れて、私をコントロールしてくれたから
私の魂の中に触れ、いつも私に知らせてくれた
あなたを愛することが、私の魂のあるべき場所だということを
私をとても幸せな気持ちにしてくれた
私はほんとうに嬉しい、あなたが私の人生に入ってきてくれたから 
サンキュー、ベイビー

(以下、省略)
==============


さて7月

僕はこの季節でなければ出来ない釣りにシフトします。

コイ釣りと、“アナゴ釣りたいな”がメイン。

あと、サーフのルアーは探索を続け、時々は渓流でフライフィッシングです。

海や山では、いよいよベリー類や木の実が肥りはじめています。

そのポイントは、釣りばかりでなく、しっかりチェックしておきたいですね。

海の夏涸れ、川の渇水時期、ボウズ対策はベリー摘みでハッピー。

摘むのはブルーベリーじゃありませんから。


さあ、記事の最後は、今でもカヴァーされ続けている、同曲で。

この歌詞を読んでいて、ふと思ったのは、かつて曲が大ヒットし、今でも愛されている訳。

歌詞は一見ラブソング。でも、なんとなく作りというかロジックがモダン・ゴスペル風なんですねぇ。

この曲の歌詞は米国人のメンタリティーにマッチしているのかもしれません。

カントリー&ゴスペル系のコーラスグループ
アニタ・カー・シンガーズは清楚でクール。とてもいい感じ。

Anita Kerr Singers / You've Made Me So Very Happy 


米国マイアミで活躍するキューバ生まれラテン系の名歌手。

グロリア・エステファンのパワフルな歌唱。

曲のアレンジはBSTそのまま。やはりBSTは鉄板です。

Gloria Estefan - You've Made Me So Very Happy 






いよいよ真夏、読者の皆さまもベリーハッピーな釣りを!

==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:釣り

>としあきさん
こんにちは
海釣りでは魚種はそれほど多くないですけど、釣り方を変えて楽しんでいます。
渓流だけだとシーズンが短いので・・。

1. 釣り

こんにちは、なみ平さん、

釣られてる魚の種類が多いのにビックリしました。
私は渓流魚一辺倒でしたので、
色んな魚の釣りは楽しいでしょうね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる