スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ フマキラーV作戦決行 ナイスなソウハチカレイでVサイン

フマキラーV作戦決行 ナイスなソウハチカレイでVサイン

6月最終日、前日の風とシケが嘘のように無くなり快晴。


気温も上がりました。


夕方、中規模河川の中下流部にフライロッドを持って、ちょっと様子見。





中上流部の渓流では、これまで、ビシバシ釣りすぎたので、暫く休ませます。


でも中下流ではウグイの散発的なライズがあったのみ。


やはり水温が上がっているのです。


それで、21時過ぎになって、ホームグラウンドに向かいます。


ヌードル竿と小型両軸でちょい投げ。


どうやらナイスサイズのソウハチカレイが接岸しているようなんです。


先日の休日に船釣りでは小型ばかりだったそうですから、おそらくベイトを追って接岸したのでしょう。


なぜ21時かというと、暗くなった直後の砂地の海底は、ヒトデが活性化してまとわりつくからなんですね。


一昨年、ヒトデの巣窟と呼ばれるポイントにアナゴ狙いで行って、1投で、錘に5枚のヒトデがまとわりついてギブアップしたことがありました。


スピニングリールですと巻き取りが重くて、リールを痛めることもありますが、両軸リールならラクラク巻き取ることができます。



ソイ釣りのルアーマンが帰った時間帯、その頃からヒトデもおとなしくなりますし、アナゴが動き出すという印象を持っています。


つまりヒトデを避けながら、まだ釣れないアナゴを狙いつつ、ソウハチも釣ろうという目論見。



ヒトデを避けるには胴付き仕掛けと道糸の間に適当なサイズのフロートを付けて少しハリを浮かせたり、ちょい投げで胴付き仕掛けを斜めに張るという方法、両社の併用もあるし、天秤仕掛けならハリスにフロートを付けたりもします。


但しフロートを使うと、遠投タックルでも、かなり飛距離は落ちます。



さて、釣り場に行ってみると遠来の投げ釣りアングラーはヒトデばかりだと嘆いていました。


仕掛けを聞いてみると、昼に使っていた普通の遠投用仕掛けのまま。



一旦沈黙した魚が潮といっしょに動き出す時間、僕は余りエサのサンマの切り身を胴付き仕掛けでちょい投げ。


ひとつはフロート無し胴付き仕掛けでラインを斜め張り、もう一つはフロート付き。


実釣りはマックス2時間、延べ6~8投の予定。つまり余りエサでやれる時間ですね。


30~40m位投げ込んで、仰向けになって天の川が見える星空を見ながら、渚の音を聞いて、いつものようにウトウトと居眠り状態に入ります。


無風の時はヤブ蚊が近寄ってきたのでフードをかぶりましたけど、涼しい夜風が弱く吹き始めたら、いなくなりました。


初めのアタリはスプールが逆転してクリッカーが大きくなるアタリ。


ハリがすっぽ抜けたようで、スカ。


これはアナゴのアタリではありません。


再投入して30分ほどすると、またアタリ。


今度は上手くアワセました。


星空の下、黄色い軟調子の竿は満月。


35㎝のソウハチカレイをブッコ抜きました。




遠来のアングラーが諦めて撤収した直後にもう1枚、同サイズを追加。


その後、突然、霧がかかり始め、周りが全く見えなくなりそうなので、僕も撤収。


1時間30分の釣りでした。


僕の夏の夜の投げ釣りには、ヒトデとか、毒ハリを持った、いやな生き物が結構まとわりつきます。


パワフルな両軸リールでちょい投げ、フロート胴付き仕掛け、サンマエサのセットで、それも撃退。


名付けて「フマキラーV作戦」(笑)


そして、ナイスサイズのソウハチカレイ2枚を釣り上げ、指でVサインでした。


夜の投げ釣りって、魚の動きだけでなく、邪魔者の動きも察知して、いろいろ工夫すれば、ある程度の結果も付いてくるんです。


暗闇の中の、両軸リールの投げ釣り、これもキャストにスリルがあって、結構、面白いんですよ。


焦ったり、気負ったりすると、バックラッシュしますから、気持ちを落ち着かせて、リキまずに投げるんです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる