スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 清流のドリフトフィッシングを初体験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清流のドリフトフィッシングを初体験

このところの週末、必ずといって良いほど、風や雨で海はシケ気味。


日曜日はとても混雑する海のホームグラウンドも、午後には人が減り始めました。


そういう時に、僕は出撃します。


でも、この日は地元の常連が頑張っています。


僕にタカノハカレイの釣り方を聞いてきた人もいました。


僕なりの釣り方は教えましたし、ブログ記事に纏めて公開しました。


タカノハカレイは終盤ですけど、この夕方には一時的に風が収まるのでチャンスはあります。


ただしその後、雨の可能性が高いので、僕はスルーしました。


午後、今月やり残した、清流のドリフトフィッシングに向かいます。


夕マズメ、条件が良ければフライフィッシングも・・という二足のわらじ。


清流のドリフトフィッシングはコースフィッシングの1つの方法。


専用の道具は持っていないので、関西で使われている船メバルのロングトリガーロッド15ftにベイトリール3500番を乗せて使います。


関西の船メバルの竿といっても、元々は磯フカセ竿を流用していたのが始まりで、それをメーカーが専用の竿に仕立てたモノ。


僕は地磯の浮子釣り用に購入しました。それを清流のドリフトフィッシングに流用です。


専用は輸入物しかなくて高価ですから。


まあ、エサ釣りですから、ボーダーはあまりないんですね。


今回は、地元の爺様がやっている、でっかい浮子を付けて流す方法。



キャスト・アンド・ドリフトをやってみました。



初体験ですから、”やった”というより練習です。



爺様はこれで、海から遡上した虹鱒やブラウンを釣っているんです。



初めにポイントをいくつか観察。




青空だった空は、すで曇り始めていますが、大きな黄色いカゲロウも羽化していて、散発的にライズが見えます。



本命の場所では既にフライアングラーが1人、ウェイテドフライをキャス

トしていました。


大場所なので、普通は3人位入ることができますが、今回は遠慮。


もうひとつのポイントに戻ります。


ここは、川の主クラスの大物が潜んでいるものの、超難しい場所。


その理由は、川ウやカモなど、水鳥が沢山いて泳ぎまわるからなんです。


暫く川面を見ていると、水が盛り上がる、ボコッというライズ。水面直下の何かを捕食しているのを見ました。



これは大きい!


水面上ならドライフライを直ぐ投げたくなりますけどね。


でっかい浮子のキャストはペンデュラムとピッチングとサイドキャストを混ぜ合わせた感じです。




15~20m位投げて流します。


結果は1匹アタックがあって、釣り損ねました。


イブニングに雷が鳴り始めたので、即、撤収です。



この釣りのキャストは、フライとルアーとエサ釣りをミックスしたような不思議な面白さばかりか、落ち着いた感じの釣りでしたよ。


入門したばかりで、あとは、コツコツと場数を踏んでいくしかありません。


教科書の無い釣りですから。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる