スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 北国のアナゴ釣りの愉しみ・・そしてナイスな外道達

北国のアナゴ釣りの愉しみ・・そしてナイスな外道達

北国の投げ釣りは釣れる魚の数は多いのですけど、魚種が少ないのが欠点。



それでも、初夏には暖流系の魚が釣れます。



そのひとつがアナゴ。



7月となれば、僕は毎晩“アナゴ釣りたいな”に出かけます。



“釣り”じゃなくて“釣りたいな”とは中々釣れない魚だからです。



アナゴと言えば、関東や関西では外道中の外道魚。



北国では希少、でも釣れるサイズはとても大きくて、かば焼きや天ぷらは最高ですからね。



このところ、“アナゴ釣りたいな”に出かけ始めました。




僕の釣法は、両軸リールと船マダイ竿でちょい投げ。


ボウズ続きですけど、ナイスな外道魚が釣れてしまいます。


先日は幻の魚グッドサイズのタカノハカレイ。





養殖稚魚放流モノでした。







ときどきは、アタリを待ちつつソフトルアーを投げますよ。



この間も、30㎝オーバーのクロソイを釣りました。





普通ならソイやタカノハカレイは本命魚でしょうけど、この季節は、僕には外道魚。




北国のアナゴは暗くなった直後よりも、21時から23時頃に釣れるような気がしています。



ですから、夕ご飯を済ませてから、おっとり刀で出かけます。



そして、アタリを待つ間、僕は殆ど居眠り。



これも楽しみのひとつ。




渚の音なんかを聞いたり、天の川の星空を見ているとて、ホント気持いいんですね。



そのうち、本当に意識を失う位、深く眠ってしまいます。



アタリは、三脚に取り付けた僅かな鈴の音。




最近は、鈴は竿先には付けないようにしています。



7月は夜空を眺めつつの“アナゴ釣りたいな”の夜々になりそうです。


もう何回ボウズなんだろう(笑)



8月の投げ釣りはフサフグだらけの海になりますから、なんとか釣り上げて料理してみたいものです。



昨年は“つ抜け”できたけど、今年はまだボウズ。



まずは1本釣りたいなぁ。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる