スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ユスリカ大量羽化の渓流で見たイリュージョン

ユスリカ大量羽化の渓流で見たイリュージョン

月曜日、日中は快晴。


僕は夕方には渓流に行こうと決めていました。


北国の初夏、渓流フライフィッシングは晴天日が最高。


魚がはしゃぎますから。


わくわくした気持ちでいつものポイントへ向かいました。


ゆっくり準備をして、河畔には18時30分。


このところの晴天で水位がかなり下がって、平水時の水量。


気温は高めです。


まずは下流に。


大プールは、いつもの穏やかな流れに戻っていました。






ときどき、ゆっくりとしたライズリングが見えます。


川を良く見ると、ユスリカが大量に羽化して飛んでいます。


2週間前はトビゲラでした。


今回は厳しい釣りが予想されます。


極小ミッジフライと細いティペットの釣りは苦手なので、少々小さめのドライフライを結びました。


海は風が強く、川では下流から風が吹いていて、キャストは楽でも、ドラグがかかりやすい状況。





いつの通りチビニジマスのアタックがありますが、ライズもゆっくりという感じ。

やはりユスリカに反応している様子の動きかたです。








そんな中で、少し流れが狭まって速いところにキャスト。


横ッ飛びでナイスサイズの虹鱒が飛び出してきました。


フライにドラグが掛かっていたので、こういう出方をしたのです。


フライをくわえることはできません。


でも僕はこういう素晴らしい光景を見るだけで、嬉しくなっていきます。


満足感に浸りながら、今度は上流を目指します。


流れの強いところでは、前回と変わらず激しいアタックがあって、ビシバシと虹鱒を掛けます。





でもフライが小さめなので、フライを呑み込む魚もいて、ハリ外しに難儀しました。


結局、1匹の魚はリリース不可能な状態になります。





これまで、この川でフライフィッシングでは魚をキープしたことはありませんでした。


僕は職漁モードに切り替え、塩焼きサイズを4匹キープしたところで、直ちに釣りを止めます。



自己ルールですけど、これで、この川でのキープ、年間制限匹数になりました。


すぐにフライフィッシングを止めて、入渓地点に戻ります。


帰りの車の中で、僕はこの川、このポイントには暫く行くことは止めようと考えます。


今度来るとしたら、真夏、ハリを絶対に呑み込まれないような、大きな陸生昆虫、テレストリアルフライを持ってこようと思いました。


フックはもちろん、バーブレス。


どんなに大きくても必ず魚はリリースしますよ。



横ッ飛びしたナイスサイズの虹鱒の姿、僕の心に残ったイリュージョン。


このイリュージョンを、これからも、見続けていきたいから。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・CD1!

>のむ子さん
こんばんは
こちらの川では渓流魚が生息しているだけで、奇跡的という河川環境ですから、サイズは問いません。
魚を減らしたくありませんけど、たまに食べるのも川と一体感があって良いものです。
CD1があるなんで知りませんでした。
僕はCD5までのオールドタイマーですから。
11とか13位のサイズで、丸のみした魚を釣ってみたいですよ。

1. 無題

素敵なマイルールでございますな。
数を決めて、たまに塩焼きぐらいが調度よい渓流の楽しみ方だと思います。

ちなみに拙者わCD1とかを丸のみにさせてしまった後わ、チャンチャン焼きにいたしまする。
あんまり美味いもんでわないので、CD1わ封印しました(汗)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる