スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (祝)釣法7種目め かろうじてクリアー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(祝)釣法7種目め かろうじてクリアー

先日の日曜日、6月の目標、釣法7種目 最後の種目サーフでルアーを かろうじてクリアーしました。



僕は早朝の釣りが苦手ですけど、この日は朝から近くの砂浜に。




浸食防止ブロックが入ったあたりに狙いを定めます。



メタルジグやラバージグ、フローティングプラグ、ジグヘッド+ソフトルアーなどを投げてみました。




結果はボウズ。

午後は少し離れた岩場を狙います。ただし、ヒラメやサクラマスではありません。


根魚ですけど。


まずはアプローチなど明るいうちに下見。





まだ時間が早いので、真水が流れ込むサーフに移動して、Penn両軸サーフマスターの投げ練習。




この場所に行った目的のもうひとつは、秋サケのポイント開拓。


カレイ類のポイント確認、つまりアオサノリの生え具合の確認です。


ひとしきり投げてから、今回はイソメエサでスナカレイ狙いで投げ込んだままにしました。


まだ明るいので、スナカレイのアタリは無く、超チビのイシカレイ。




魚は居ることが分かりました。


結果は、アタリはあるのですけど、普通よりも大きなハリなので、かろうじて、この1枚のみ。


その間、ヘビーなスプーンにハリスを出して、イソメみたいな汁系ワームを付けて、キャスト&リトリーブ。僕が得意のスプーンリグです。


これもまだ明るいのかアタリがありません。


そのまま投げ込んだまま、サーフロッドの方の小さいアタリに集中してしまいます。


日没近くになって、霧がかかり始め、雨粒が落ちてきたので撤収。


ところが投げ込んだままのワームにチビのイシカレイが釣れていました。




う~ん、これはアクションを付けて誘っていないので、サーフのルアーフィッシングと言えるかどうか。



帰り道に、下見をしていた地磯に立ち寄ります。


ここも浅い場所。


長潮で中途半端な潮位なので海藻が見えています。




止むを得ず、軽いジグヘッドにソフトルアーをセットして、表層をリトリーブしました。



小さいクロソイがヒット。





なんとか7種目目をクリアーです。


なんだか、柔道の試合で両選手とも技を出さず、指導・注意を受けて、その差で判定勝ちしたみたいなサーフのルアーフィッシングになりました。


それでも、一番ハードルの高い種目を、クリアーできたので、嬉しさはあります。


朝昼夕、この3回のチャレンジで、帰り道、近くの遠浅の砂浜での後略方法を考えることができたのは収穫でした。



どういうことかというと、軽いルアーを出来るだけ遠投して、浅い場所をリトリーブする方法です。


これは、やりこんでから、またいつか記事にしたいと思っています。


サーフでのルアーも、これからはエキシビションとして楽しみながらできるようになったのです。



蛇足ですけど、帰りがけに、近所のホームグラウンドでジグヘッドを投げてみました。


これまたアタリなし。


磯場よりも小さいクロソイを釣ったのみ。




でも、こういう悪い状況で、浅い地磯で釣れたのですから、これは納得できる釣りでしたよ。



さて、6月の目標、は7種目。


①スピニングで投げ釣り、②両軸リールでちょい投げ釣り、③渓流でフライフィッシング、④渓流でルアーフィッシング、⑤港湾でルアー、⑥サーフでルアー、⑦淡水でコースフィッシング(コイ釣りなど) 全て完遂しましたよ。


これからは、雨や風、潮回り、どんな状況でも釣りに行くことをを諦めることはないでしょう。


釣技の幅が広がったのですから。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる