スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 小雨あがりの渓流で見たイリュージョン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小雨あがりの渓流で見たイリュージョン

このところ続いた長雨が収まるも、なんとなく曇りがちで蒸し蒸しする日が続きます。

日中は久々に青空なのに、夕方近くにはまた曇ってきました。


僕は上流の渓流に車を走らせます。


記事にしていませんけど、ここ数日タカノハやソウハチなどのカレイ類や、ソイなどを釣ってもなんだかモヤモヤしているんですね。


数日間、凪が続き、長雨で釣りができなかった地元のアングラー達も仕事帰りに海に集まって、僕のホームグラウンドも、少々騒がしく、殺気立ち気味なんです。


なので、僕はスルーして渓流に向かいました。


ところが、上流部は軽い夕立の後のようで、谷間には雨後のモヤがかかっていました。


もう後戻りできませんから、かすかに雨粒が落ちる渓流に降りて行きます。


このところの雨で増水気味。でも河原の石のコケも取れて綺麗な河畔で山岳渓流のムードを醸します。


僕は下流の大プールに向かいました。





ここは難しい場所ですが、増水して流れが強くなっているので、魚さえいれば活性が高いはず。少しづつ、釣り下がって、大きなプールにたどり着きます。


鏡のような水面にドライフライを落とすと、川底から魚が上がってきてフライをくわえる様子が丸見えでした。


大きくはありませんが2匹ほどアワセが決まり、ニジマスの引きとハイジャンプを楽しみます。




前回と同様、再び上流に釣り上がり、流れの強いプールと落ち込みのポイントへ。


水量があり、雨後で水生昆虫も飛んでおらず苦戦かと思いきや、魚はしっかり水面を見ているようでした。


前回は垂直ジャンプの魚を見ましたが、今回は水平ジャンプ、いわゆるヘッド・アンド・テイル状態です。


ドライフライのナチュラルドリフトで数匹、ウェット風に流して数匹ヒット。



しばらくウェット風に流していたら、下流の流木に根掛かりし、フライを失います。


本命の核心ポイントは、すぐ上流にある次のプール。


でも、僕は新しいフライを結ぶのは止めました。


真っ暗になろうとしていますし、もうこれ以上魚を釣っても釣らなくても同じこと。


振り返って、渓流の写真を撮ります。


カメラが結露していたのか、こんな写真。




僕は釣りを止めて、大きな岩に腰をかけて、しばらくこの川面の風景を眺めていました。


この夕方、僕が見た魚達の自然な姿は、しっかり目に焼き付きました。



静かな川面とライズする鱒達、今回も見ることができた渓流のイリュージョンです。


心静かになる、素晴らしいイブニングのフライフィッシングでしたね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる