スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 小雨の中、ハマナスの海岸で投げ練習・・Pennサーフマスター、マグチューン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小雨の中、ハマナスの海岸で投げ練習・・Pennサーフマスター、マグチューン

今日も雨。


でも、近所の漁港の防波堤にはアングラーが集まっています。


ソウハチカレイが好調に釣れているからです。


様子見に行ってみると、遠投派も、ちょい投げ派、どちらにも釣れているのです。


地元の中学生達も健闘していました。




僕は釣りをせず、帰宅してサーフキャスティング用の両軸リールをいじります。


ペンのサーフマスター200.




サイドプレートにマグネットを1か所だけ貼りつけて、軽く電磁ブレーキがかかるようにセット。


その後、下巻きをスプールの半分まで。


次に、5号ナイロンをたっぷり巻いて、力糸を結びます。




そして、出かけました。


釣りではなく、近くの海岸で、投げ練習。


ハマナスが咲き始めた美しい海岸。





海は、波とウネリ、濁っています。




小雨降る中で、20投ほど。




昨年まで使っていた、レベルワインダーを取り外したABU7000番と同じだけ飛ぶので、一安心です。


マグネットを取り付けたペンの両軸リールには、サーフで使う場合に露わになる、ABU7000系や6000系の6つの弱点が全く無く、快適なキャストが出来ました。

小雨の中なので、スプールを抑える指が滑りましたが、これはゴムをフレームに取り付ければ解決します。


小雨の海岸からの帰り道、ハマナスの群落も素晴らしく、心に染みましたよ。



僕の両軸リールの釣りは、オールドABUからオールドPennに。


新たなスタートです。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・花は

>ぎりっちょさん

花はまだ”はしり”で、これから1か月以上咲き続けます。
両軸リールは機種によって個性というか癖があるので、まずは試し投げで感触を掴むんですね。

1. 無題

ハマナスがたくさんあるんですね。
なんとも鮮やかな紅色です。

なみ平さんでもまだ練習が必要なんですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる