スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 深海の魚 メヌケとタラを釣り上げたカレイ竿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深海の魚 メヌケとタラを釣り上げたカレイ竿


アトランティックな夜

アトランティックな夜


写真は、リョービ プロセクション船240-30号、かなり古いカーボンロッドです。


マイボートの釣りは、手前船頭なので、船の上で釣り具を取り替えるようなことはしません。


単独釣行の場合・・・

船の両側に1本づつ、同じ竿2本を持ち込みます。その他に深海用の竿1本、合計3本です。


6:4調子の一般的な船竿で、30号表示の竿は、こちらでは、浅場の釣り、カレイ・アイナメ類などの標準ロッドです。


僕が釣りに行く海は潮が速いので、水深の2倍の数値の号数の錘が必要です。

スムーズに曲がる、出来の良い、この船竿は、錘負荷の幅が意外に広いので重宝します。


この竿で20号から最大120号錘を使い、水深80m位まで使いました。


春、桜が終わり、海明けとなった頃から、天候や風も安定して、マイボートのシーズンが始まります。


雪解け水が流入しており、海底はまだ初春といったところです。


その頃に、いつもの根回りまで航行する途中、ボウズ逃れのためにカレイ仕掛けにイソメを付けて、30m位の玉石の海底に投入しました。

するといきなり強烈なアタリ。この竿が根元から曲がります。

ようやく釣り上げたのは、なんと深海に住むはずのタラでした。

50㎝とやや小型ですが浅場で、しかもカレイ竿で掛けるタラの引きは強烈です。



アトランティックな夜


釣り上げてから移動開始。

いつもの根回り(水深25m~35m)に到着して、今度はサンマのぶつ切りを付けて投入

ソイ狙いです。

ところが、今度は深海の魚、メヌケが釣れました。35㎝と大きくはないのですが、これも驚きました。

釣れたメヌケはクロメヌケと呼ばれ、赤いメヌケの仲間ですが、ちょっとグロテスクな模様です。


味はさすがにメヌケ、刺身、焼きモノ、煮付け、鍋、絶品でした。



アトランティックな夜


北国では、深海の魚が、真冬の間には結構な浅場に来ていることを初めて知りました。

まさに以前の記事で紹介した映画、「シッピングニュース」の世界です。

http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11175719117.html


関東ではタラは水深300m、コウジンメヌケは1200mと聞きます。

1500~2000mのPEを巻いた、巨大で高価な電動リールを使うそうです。


こちらの遊漁船では、

クロメヌケやタラは普通、水深100~120m、

バラメヌケは200~300m位、

(真っ赤な超高級魚)コウジンメヌケは600m位のところで釣ります。

使う電動リールも中・小型です。



  バラメヌケ                      コウジンメヌケ 

アトランティックな夜 アトランティックな夜

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる