スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 風雨の休日 苦手の釣り場で探査・・初ヒットで分かってきたこと

風雨の休日 苦手の釣り場で探査・・初ヒットで分かってきたこと

先週の週末から強風、そして休日には、いよいよ雨が降り始めました。


このところ干ばつ気味の天候でしたから、川の魚も、畑の農作物も息を吹き返したことでしょう。


でもアングラーにはちょっと残念な休日になったと思います。


早朝、ホームグラウンドの様子を見に行くと、雨と風なのに投げ釣りアングラーで満員御礼。


新聞記事の釣り情報は見ないので知らなかったのですけど、先週、記事に掲載されたらしいです。


僕は、少し遠出して、イワシが接岸する港湾で、活性が高まっている大きなアイナメを釣りたいと願っていましたが、この風雨では断念。


オールドリールのレストアをしたりして過ごし、夕方に、少し離れた小漁港に2時間ほど出撃。



小漁港は普通なら日曜日でも漁業者が仕事をしていて漁船の出入りもあるので、釣りは日没頃と夜、日中ならシケの日に限られます。



向かった小漁港はここ数年、苦手としていた立ち位置を選びます。


つまり、今までノーヒットの場所。


でも地元のアングラーが目の前で、アイナメやナイスサイズのカレイなどを釣り上げています。


今のところ僕にはヒトデだけ。


そこで、空いている雨の休日にポイント探索をするのです。


この季節、湾奥は、アマモが密生していて、ルアーはNG。


アマモがあるということは水質が良い証拠。


アマモは魚の“ゆりかご”です。


そこで湾中の船道に移動し投げ釣りで探査。

こういう場所は“浚渫(しゅんせつ)”や漁船の往来で海藻が千切れている場所があって、そこをピンポイントで探します。


投げ仕掛けを、いろいろな方向に投げてみると、海藻が引っ掛かる場所、砂地の場所が少しづつ分かってきました。


長潮・若潮で潮が動かない日。


初日の夕方にチビアイナメ。




2日目の夕方に、ようやく30㎝のアイナメがヒット。




今回は雨の中なので、車横付けの投げ釣りですが、次の機会にはスプーンリグやソフトルアーで探索ですね。


というのも、先日、ホームグラウンドで遠来のベテランアングラーがスプーンリグをやっているのを目撃したからです。


僕が始めたのは2年前ですけど、それ以前からやっていたとのことで、35g位のスプーンを使ってカレイやヒラメの実績があるのだそうですよ。


こういう小さな港湾って、魚の数は少なく沢山のアングラーが入れば直ぐ釣れなくなる場所。


でも、高性能な道具でなくてもOKだし、ダメ元で地味に探索してみる価値はあるのです。


この場所では、現代にあって“増速ギヤ無しの横転タイコリール”でやってる方もいらっしゃるんです。


別の漁港ですけど、一昨年はアイナメ、昨年はカジカ、どちらも50㎝クラスに出会えたので、この記事の場所も期待大なんですね。


雨が上がれば、川も海も活性が再び高まることでしょうから、この場所は、悪天の時に訪れようと思っています。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる