スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 今期初のフライフィッシング、そこは桃源郷だった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期初のフライフィッシング、そこは桃源郷だった


待ちに待った、終業チャイム。


僕は、速攻で職場を去ります。


向かうは大河川、中上流部の大渓流。


でも、本当のことを言うと、向かって少し車を走らせたとたんに迷いがでて、海に方向転換しました。


でも思い直して、再び渓流に向いなおしたのです。
ここは、昨年の夏には苦労した、10か月ぶりの場所。




開始は日没間際の18時30分。1時間ちょっとの釣り。




どうせ駄目だろうと、フライを投げ始めます。


このフライだって、昨年に結んだままで、そのままのセットを持っていったのです。

(つまり、セットしたまま冬を越しました)


ところが、1投目からライズ。



大きなプールには沢山の魚がいるようでした。


同じポイントなのに、投げる度にライズがあります。


なにせ僕の顔にもカワゲラの成虫が当たるほど、水生昆虫がいたのですから、魚も興奮状態だったのでしょう。。


しばらくはチビニジマスが続きます。


そうこうしているうちに、まずますのサイズもアタックしてき始めますが、結構、見切られているか、ドラグがかかっていてくわえ損ねているようでした。


それでも何とかフックすることができました。


もうその後は、満足感からか、集中力が切れ始めて、合わせが強くなったりして“すっぽ抜け”や“魚ごとバックキャスト”も多発。


なんとまあ、贅沢な時間でしょうか、桃源郷でした。。


本命の深みにたどり着く頃にはすっかり満足してしまいました。


深みはさすがに、攻められているのか、魚はいるようですけど、少しシブかった。



翌日は有名ポイントに行ってみました。



ここは水温が低いこともあってか、水生昆虫が少なく、ライズも終了間際に散発的あっただけで、早々に撤収しました。

う~ん。フライフィッシングをしていると、自分の目と意識は完全にこの世から切り離されています。


やっぱり、渓流フライフィッシングは素晴らしい釣りです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:こんにちは

>ネコ侍さん
こんばんは
今回は久々で、キャストも合わせも、海釣りでしたね。
ニジマスは夏に1~2回食べますけど、それ以外はすべてリリース。。
(年間捕獲数は5匹程度にしています。)

1. こんにちは

なかなかワイルドそうなニジマスですね。
(-^□^-)
魚ごとバックキャストってパワフル過ぎですよ。
ヾ(@°▽°@)ノ
ニジマスは料理されないんですか?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる