スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 北国の黄金・ドラド、それは超天然色・・タカノハカレイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北国の黄金・ドラド、それは超天然色・・タカノハカレイ

夕方、イシカレイが大漁で、沢山のアングラーが意気揚々と引き上げる少し前から、僕はサンマエサで投げ釣りを始めます。


狙うのはただ一魚種。ドラドカレイ。

黄金に輝くドラドという魚は、“黄金郷"エルドラドと同様、黄金に輝く魚という名前。


アルゼンチンでは“パラナ川の虎" ブラジルでは、“川の虎"とも呼ばれているそうです。


僕の住む北国では、天然のタカノハカレイですね。

カレイでも魚食性が強く、スプーンやソフトルアーでも釣れることがあります。


投げ釣りでも、幻の魚として人気魚。


イソメエサでも釣れますが、他のカレイが先に食いついてしまいます。


でも、魚の切り身をエサに使えば、他のカレイ類の数釣りは出来なくなっても、タカノハカレイがヒットする可能性はぐんと高まるのです。


だから、僕はサンマの切り身なんですね。


そして道具は、黄色いショート・サーフロッドと、オールドミッチェル。




白いイシカレイが大漁のアングラーが帰るときには、僕はまだボウズ。


一人残り、粘ります。





日没間際、狙い通り釣りましたよ。




今回釣り上げた、天然タカノハカレイは見事な黄色。





こんなに黄色が強い個体は初めて見ました。


まさに、北国の黄金、ドラドです。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:オ―パ!

>咲いたマンさん
こんにちは

タカノハの確率を上げるには、身エサなんですね。
数釣りを捨てても、価値のある魚です。
カレイ・ヒラメ類では最高級の味ですから・・・。

3. オ―パ!

なみ平さん、こんにちは。

サンマの身エサにこだわるのは、そんな理由もあったのですか。
それにしても見事な色のカレイですね。
僕も釣って喰ってみたいものです(笑。

2. Re:無題

>まーちゃん( Marbo )さん

今回の個体は、ほんとうに綺麗です。
皮が厚くて固いということはありません。
鱗自体は固いですけどね。

1. 無題

まさに黄金のカレイ!

見事な色彩の個体ですね。

見た感じ、マコに比べると皮が厚そうに見えますけど、実際はどうなのでしょうか?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる