スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ イースターの夜 大きな春告魚(メバル)で 僕の釣りもスランプから復活

イースターの夜 大きな春告魚(メバル)で 僕の釣りもスランプから復活


アトランティックな夜にようこそ!


イギリスではイースター(復活祭)の日曜日を挟んで、金曜日から月曜日まで4連休だそうです。


イースターの頃、イギリスではこんな綺麗な風景なんですね。

 ↓

アメブロ“花とハーブ、イギリスからお届けします”「イースター」

http://ameblo.jp/herb-uk/entry-11826896124.html



でも、僕の住む北国では、桜はまだ先。


今年の4月は寒くて、先日も雪が降りました。


投げ釣り場には人が出始めていますが絶不調のようです。


そして、僕はいろいろ用事が重なって、なかなか釣りにいけません。


それでも、日曜日の午後に、自動車の夏タイヤを取り付け、エンジンオイルを交換したりして春モードになりました。


日没が迫る夕方から、ようやく釣りに出かけます。


この時間では渓流で鱒釣りや、中流部でコイ釣りは無理だし、投げ釣りでカレイは“まだ”の状況ですから、ソイ・メバル狙いにしました。



暗くなる前に現場に到着します。


冬のスピンキャストリールとは違って、今回はベイトリールを持ち込みました。


もう素手で釣りができますし、飛沫がかかっても冷たくありませんから・・ね。


久々の、弱風、ベタ凪。


ソイ、メバルが浮きだしてライスを始めます。


そこに大きめのソフトルアーを投げ込んで、やや深めの棚をリトリーブします。


岡っ張りの釣りですから、船釣りと違って、大きい魚はなかなか釣れませんが、今回はまずまずのサイズばかりでした。


2匹目は、30㎝の春告魚(メバル)。これは最大級の"大メバル"です。





その後、投げ釣りで高切れした糸を引っ掛けてしまいますが、その糸は回収できました。


なんと、高価な投げ釣り用のシンカーとリグが二つ。


小さなアイナメも付いていました。



暗くなると、時合いはポツポツとあって、活性が上がるとヒットしてきます。


どれもキープサイズで、メバル、ソイは25㎝以上ばかり。


その中で、シマソイの30㎝、クロソイの30㎝がヒットします。


シマソイ



クロソイ




10匹釣りあげた時点で終了としました。


メバル、シマソイ、クロソイ・・、どれも30㎝とは上出来ですね。


そして、回収した2個の、高価な投げ釣り用シンカーも30号でしたよ。


イースターの夜、僕の釣りも、数週間ものスランプから脱出して、復活したようです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:無題・・・使えます

>フィッシャーマンさん

使えます。ただし、バックラッシュしたら、ほどくのは苦労します。

3. 無題

ambassadorにpeって大丈夫ですかね?

2. Re:無題・・お造りは

>umitomoさん

今回の場所は、この時期、このサイズが釣れる可能性が高いです。

お造りりは、大メバルが一番ですね。

1. 無題

イイサイズですね。
ガヤの30は特に素晴らしい!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる