スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ポンコチ・スピニング・イズ・ビューティフル

ポンコチ・スピニング・イズ・ビューティフル

アトランティックな夜にようこそ


2年前にこのブログを立ち上げたきっかけや動機は幾つかあります。


主にふたつです。

①:プレジャーボートの釣りから陸っ張りの釣りに切り替えたこと。

②:どうせ陸っ張りをやるなら、オールドタックルを使った釣りをやりこんで、

  リールを使った釣りの根元的な面白さを味わってみたかったこと。


その中でも、オールドABUのアトランティックという釣竿でいろいろな釣りをやってみることでした。


スピンキャストリールや両軸ベイトリールでの釣りです。


とりわけ、サケを釣り上げることを心に秘めてブログを立ち上げたのでした。


これは一昨年に実現することができました。


そして、残されたもう一つは、オールド・スピニング・リールを使った釣り。


ルアーでも投げ釣りでも、何でもOK。


でも、「懐かしのオールドリール」というブログ記事カテゴリには沢山の記事を公開しながらも、オールドスピニングリールを使った実釣り記事は少なかったのです。


実釣りの記事は、外国製ではミッチェル300や406、ペン716、国産ではオリムピック93型とスパークの2機種、大森製作所と稲村製作所でそれぞれ1機種でした。


ネックはオールドスピニングリール造形の美しさに見合う、オールドスピニングロッドが見つからないことでした。


ところが最近、ベイトのアトランティック竿とアブマチックやアンバサダーのセットのように、ぐっと心に染みいるスピニングロッドを探し、なんとか、幾つか手にすることができました。



オールド・スピニング・リールの面白さは、なんといっても造形美です。機種によってそれぞれ個性的なデザイン。ほれぼれします。


そして、ほどほどの性能、それが必用十分なのだと分かると、現代の高性能リールを使うよりも釣りが面白くなります。

(ここらへんは、フライフィッシングに通じるものがあります。)



そこで、これからもリールや竿は「懐かしのオールドリール」や「懐かしのオールドロッド」という記事カテゴリで紹介していきます。


そして・・・・・、オールドスピニングリールを使った実釣りのフィーリングは・・・・、

「ポンコチ・スピニング・イズ・ビューティフル」という記事カテゴリでお伝えしていきましょう。


既に「ポンコチ・スピニング・イズ・ビューティフル」のカテゴリの記事は3本ありますが、これらは国産の投げ釣りリールでした。


これからは、別のスピニングリールを使った実釣り記事も公開していきます。
国産ばかりでなく、外国製もです。


投げ釣りばかりでなルアーフィッシングやコースフィッシングもやっていきたいですね。


そして、とりわけ400g前後の中型スピニングリールの釣りがメインになりそうなんです。


シリアス系ではなく脱力系であることは、これまでと変わりませんけどね。


さて、どんな竿とリールのセットで何を釣るのか・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる