スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 2月 一人で魚を探し続けた夜 それは僕のジプシー魂 ・・The Gypsy In My Soul

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月 一人で魚を探し続けた夜 それは僕のジプシー魂 ・・The Gypsy In My Soul

アトランティックな夜にようこそ!

恒例のアンソロジー2月の釣りです。

始めにアクセス御礼。

記事アップ回数を半分に減らして40数日経過しました。

その間、減るはずのアクセス数が、逆に増えちゃいました。

多くの方に、過去記事を読んで頂いたようです。

厚く御礼申し上げます。

さて今回の記事のタイトル・・・、ちょっと格好良いタイトルでしょ。

2月の中旬にボウズの時は英国ロック系の Gypsy In My Soulの記事をアップしました。

でも今回の記事は米国ジャズ系の The Gypsy In My Soul です。

これは全く別の曲です。

元々はThe が付いているんですが、省略されることも多いようですけどね。

作詞;Moe Jaffe, Clay Boland
作曲:Clay Boland
出典:1937年、ペンシルヴァニア大学の Mask and Wig Club 50回目の年次レヴュー「 Fifty-Fifty 」 で紹介された歌。

「マスク・アンド・ウィッグ・クラブ」は19世紀末にペンシルヴァニア大学で創設された、男子学生のみでレビュー風のミュージカル・コメディを専門にする劇団で、毎年オリジナルのショーを発表するそうですから、The Gypsy In My Soul も男子学生が女装して歌ったのでしょう。

その後ポピュラーのヒット曲になって、以降、男性の歌唱もありますが、女性の歌唱が多いようです。

僕の好みは、アニタオデイ。数十年LPとCDで聞き込みました。

Anita O'Day - Gypsy In My Soul


英国出身 アーニー・ロス もなかなかグッドです
Annie Ross - Gypsy in My Soul


歌詞は、好いた惚れたの恋愛モノではありません。

こんな感じのお気楽な歌詞。

元は大学生のレビューですから、歌詞のねらいとか意味するところは良く分かります。

===========
なみ平のテキトー訳
(男子学生風バージョンで)
=========== 
If I am fancy free,             
And love to wander,           
It's just the Gypsy in my soul!       
もし僕が華麗な生き方(への価値観や欲求)から解放されて
それに放浪するのが大好きだとしたら、
それは僕にあるジプシー魂こそなんだ

There's something calling me      
From way out yonder,             
It's just the Gypsy in my soul!        
何かが僕を呼んでいるのを感じるのさ
はるかな遠い所からね
それは僕にあるジプシー魂こそなんだ

I've got to give vent to my emotions,   
I'm only content havin' my way       
心の欲求をありのままに出さなければ
そういう生き方が僕の真意なのさ

There is no other life,                 
Of which I'm fonder,             
It's just the Gypsy in my soul!       
他の(価値観での)暮らし方なんて
これより好ましいなんて思えない
それは僕にあるジプシー魂こそなんだ

No cares!           
No strings!                  
My heart has wings!             
わずらわしいことなんてなく!
しがらみもない!
僕の心には羽根が生えているんだ

If I am fancy free,            
And love to wander,             
It's just the Gypsy in my soul!       
It's just the Gypsy in my soul!       
もし僕が華麗な生き方(への価値観や欲求)から解放されて
それに放浪するのが大好きだとしたら、
それは僕にあるジプシー魂こそなんだ
それは僕にあるジプシー魂こそなんだ
===========

2月の釣りは過酷な寒さと風雪の中の夜釣りばかり。

車横付けの場所では釣れませんから、魚を探して雪中ラッセル。

なにを馬鹿なことやってるのかな、と思われることでしょうが、いざ釣り場にたどり着けば、一人ぼっちで過ごす夜の釣りです。

殆どはイカワタde ドボンの釣り。

初っぱなはナイスサイズのアイナメで開幕するも・・・以降、激渋となり・・苦戦するも・・・

 


なんとかボウズを逃れつつ、時々ソフトルアーでもヒットという・・・

 


まことに厳しい2月の釣りでした。

最後の週には風邪気味となって、自宅でソイ・メバル料理三昧の日々となったのです。

 


そうそう、オールドロッドとリールの記事中で仮説を書きました。

ABUスエシアのネーミングの意味について・・ミノルタリールの製造販売について・・
 


3月に向けて、リグを作ったりもしました。



3月中旬過ぎに、1回目のバチ抜けが見えたら、そういう場所から徐々に魚の活性が高まっていきます。

もう暫くは辛抱の日々ですけど、3月末になればシーズンインです。

2月の経験さえあればボウズなんて・・気にしませんよ。

なので、僕の3月の釣行は、激減するかもしれません。

ちょっと、スタイルというか、釣法や道具も少し変えてみたくて思案中なんです。

そして記事のスタイルも・・・。


では、記事の最後は、現代の歌姫にも受け継がれる、The Gypsy In My Soul

3か国の歌手で。

欧州のジプシー・ジャズ風が好まれているようですね。

ハンガリーのJAZZ系歌手で女優 ミシェラーミルチル Micheller  Myrtill
Myrtill & Swinguistique - Gipsy in my soul

公式HP
http://www.myrtill.hu/about.html

フランス サラ・ラザラス はJAZZもシャンソンも
Gypsy in my soul Sara Lazarus

公式HP
http://www.sara-lazarus.com/

コニー・エヴィンソンは米国ミネソタで活動するジャズ系歌手
Connie Evingson - Gypsy in My Soul

公式HP
http://www.connieevingson.com/

ヴァース(イントロ)はあまり歌われず、コーラスから入る歌唱が多いんですが、
===========
ヴァースは、大体こんな内容。
  ↓
僕の中にある変わることのない思い
でも他人は僕のことをこう言うのさ
おまえは無責任だって
そうさ、世間で苦労するばかりじゃね
そういう奴らのように真面目に一生懸命なんてさ御免だ
それが僕なんだから
============

お後がよろしいようで・・。

それでは皆さま・・・、3月、良い釣りを。

============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
============
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:お気に入りのショットバーのように

>咲いたマンさん

いつもコメントありがとうございます。

>お気に入りのショットバーのように

仕事帰りや休憩時間とかに、ちょこっと立ち寄って、釣りの楽しさを音楽に重ねて思いをはせる・・・。

読者の方が、そんなひと時を味わえるショットバーのようなブログを目指しています。

僕の釣りも、遠征せずにマズメ短時間勝負のショットバーですけどね。

3. Re:無題・・・おひさしぶりです!

>ぐりふぃんMBさん
こんばんは、
相互リンクありがとうございます。

アニタは白人系JAZZ歌手の中で、
「お色気を売り物にしない」、数少ない本格歌手の一人。
大の日本びいきでした。
アンバサダー2500Cの記事には1964年来日の動画リンクしています。
   ↓
「アンバサダー2500C・・あの懐かしい想い・・That Old Feeling 」
http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11400950518.html

現代の歌姫、コニー・エヴィンソンはアルバムタイトルでこの曲名を使っています。
さすが!素晴らしい出来ですよね。

つまり・・今回の記事では、新旧の名演で、僕の釣りと美人歌手の歌唱をサンドイッチにしてみました。

ぐりさんのギター演奏、動画観たいなあ・・・。

2. 無題

同じ曲でも シンガー、奏者で 
印象が変わる 自分の好みのアレンジが出る
…楽しいですよね

なみ平さんのお好みのアニタオデイさんのは
とってもアメリカンジャズで明るく上品ですね

僕は コニー・エヴィンソンさん(名前のせいじゃないですよww)のジプシージャズっぽい愁いある表現(曲が…かな)が好みでした

難しいんでしょうね・・・
いつかマカフェリ(持ってませんが)で
こんな曲 弾れるようになりたいもんですねぇ~
僕にゃ 無理かなぁ~ww

リンク コンプリートしました

1. お気に入りのショットバーのように

ふらりと寄ってしまいます。
アップ数を抑えても、なみ平さんのブログは読みごたえ(聴きごたえ?)がありますからね(笑。
過去記事探索も大事に少しずつ、楽しませていただいてます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる