スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ イカワタでドボン十六夜 大雪が止んだ間隙を縫って釣りましてございます。

イカワタでドボン十六夜 大雪が止んだ間隙を縫って釣りましてございます。

アトランティックな夜にようこそ。


イカワタでドボンの両軸屋なみ平でございます。


せっかくの休日、各地のアングラーを悩ませたお大寒様が猛威を振るい、中部地方以北、各地で大雪になりました。


心よりお見舞い申し上げます。


僕の住む処でも、今期一番の積雪で、朝から除雪に追われます。


ところが、昼間は気温が上がってプラス。


風はそこそこありますが、夕方は満潮で、22時頃まで一気に引く潮回り。


満を持しての出撃です。


沖合に低気圧が発達しているので、外海は沖合から大きなウネリが押し寄せ、底荒れしているはず。





外海ではなく、風を避けることが出来る立ち位置の港湾内に向かいました。


暗くなる直前に到着してイカワタ・ドボンのリグをチョイ投げ。





後は手慰みでジグヘッドとアンダーショットリグを適当に投げて時間をつぶします。


相当に底荒れしているようで、リトリーブするソフトルアーのフックには海藻ばかりという状況。


そうこうしているうち、1時間近く置き竿していたドボンに待望のアタリが出ました。


寄せてみると、大きくはありませんが、キープサイズのシマソイ。





実は、先週の日曜日に使って、無傷で回収したイカワタを使っています。


しかも前日にも自宅の近所で1時間投げて回収し、再度冷凍したモノ。


普通一回しか使えないイカワタを3回も使い回しています。


小魚もカニも突っつかないのですから、魚の活性が無い厳しい状況なのですね。


昨年の2月は釣れたのは第1週目のみ。


ところが今期はイカワタでまずまずの成果。


それでも先週から超低活性になり、ボウズでしたから、魚が1匹でも釣れれば・・・御の字なんですね。


益々風が強まり、潮も動かなくなってきたので夕食前に撤収です。


もう1本のセットにはヒトデがイカワタに抱きついていました。




イカワタに傷が付いていなかったので、回収して、ハリをつけたまま、また冷凍保存しましたよ。


これで終了。


ソフトルアーは全くアタリなし。


わずか2投、ドボンの釣りでございます。


また今夜から天候は荒れ模様です。


===========
「休日に各地の豪雪で釣り人を悩ます お大寒様は、悪いお方でございますねぇ・・・。」


「なにを申すか両軸屋なみ平。かような日に一人だけイカワタで魚を釣り上ようとするのか。おぬしこそ、欲深い悪徳釣人であろう。」


「左様でございますか。妖艶なイカワタをお好みになるお大寒様こそ・・・好き者でございますねぇ。」


「ふっふっふっ、そうかもしれぬが、・・・そちの差し出すイカワタは3回の使い回しではないか。それこそ極悪というものじゃ・・・。」

===========
イカワタdeドボン記事検索用メモ帳
===========


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる