スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ イカワタでドボン 十五夜 遂にドボンと撃沈で ロックの釣りは Gypsy in my soul

イカワタでドボン 十五夜 遂にドボンと撃沈で ロックの釣りは Gypsy in my soul


飛び石連休初日、先日の寒波は少し和らぎました。

夕方は無風。

でも長潮で干潮。

まず魚の活性はないでしょう。

夕方、空の様子を見ると、このところ通っているソイ・メバル場所は雪雲。

無理をせず、久々に直近のホームグラウンドに向かいます。

17時開始。

いつもの、愛用している小型両軸リールとヌードル竿を2セット出しました。




まだ海藻が薄く、魚の気配は海面からも感じられません。

1時間待ってからリグを回収してみると、柔らかいイカワタが、全く無傷で戻ってきました。

リグを外して、リグごとエサ箱に戻します。

ハリを装着して冷凍保存し、まだ凍結したままのリグに交換して再度投入。

30分待つもアタリなし。



普通なら、カニが寄ってきて、イカワタの皮を切り取り、その匂いに引き寄せられたカジカが、好むカニとマタタビ状態のイカワタを、まとめてゴッツァン丸飲みするのです。

2投目も無傷で回収しました。

リグをそのままエサ箱に仕舞います。

つまり、今日はカニも動かない夕暮れ時。

エサのロスはゼロ。

魚もゼロ。

2月、遂にボウズを食らいました。

去年の2月は釣れたのは1回だけで、あとは全てボウズでしたから、全然 苦になりません。

でも、こんな時期に、釣り場をいろいろ探索しながら、ロックフィッシュの夜釣り。

・・尋常ではありませんよ。

英国領 北アイルランド出身のロック系ミュージシャン

ヴァン・モリソン(Van Morrison) のジプシー・イン・マイ・ソウル で記事を締めます。

よろしければどうぞ!

Van Morrison Gypsy In My Soul


==========
Van Morrison Gypsy In My Soul

(なみ平のテキトー訳 一部歌詞)
==========
It's just the gypsy in my soul
Make me pack up my things and go
It may seem like I'm on a roll
But it's just the gypsy in my soul
これこそ俺のジプシー魂さ
俺の色々な物事を詰め込んで行くのさ
そうすりゃ、俺がノリノリになるのが見えるかもな
だって、俺の魂はまさにジプシーだからさ

Layin' out in the midday sun
Tryin' so hard not to run
Looking out at the deep blue sea
I guess it's just the gypsy in me
昼の太陽を置いていき
必至に走ろうとせずに
青い海を見渡すこと
俺は、それが俺のジプシー魂だと思うんだ
===========

晩秋から初冬にかけて産卵で岸寄りするカジカも既に沖に去り、居残った極僅かの個体を探し回ってのハンティング的な釣り。

ボウズ覚悟を魂に秘めた真冬の釣りです。

(関連記事)
===========
イカワタdeドボン記事一覧 NEW 

(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
============
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・・例年通り

>ぎりっちょさん

例年通りの状況です。
1ヶ月ちょっとは辛抱ですね。

投入した餌は、薄皮に全く傷が付かなかったので、再び冷凍して使えます。
普通なら、あり得ないことです。
それだけ低活性なんですね。

1. 無題

低水温、長潮、干潮、凪ぎ・・・
これだけ重なるとかなり厳しいかと。

餌はまた使えるんですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる