スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ABUMATIC270 中型スピンキャストの完成形 1974年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABUMATIC270 中型スピンキャストの完成形 1974年

アブマチック270です。




製造は 1974年~1980年。 

世界一のスタンダードと僕が思うシンクロドラグ搭載の170をオートシンクロにグレードアップした製品です。


(1974年、英国のカタログ)








オシュレーション機構を始め、スプール、ローター、ベルカップの作りは170と同じで、共通部品としてコンバートすることができます。
(150とも互換性があります。)


オートシンクロは既に大型の280や290に搭載されていましたから、新しいドラグ機構ではありません。


僕はオートシンクロやシンクロドラグについてはあまり必要性を感じていませんでしたが、サケ釣りをするようになって、その価値を体験的に思い知ることになりました。


そして、270や290はスター型のドラグホイールが無いことで、真冬に3重のぶ厚い手袋をはめてハンドルを回しても、引っかかりがないのが何より嬉しいことでした。


270は大きなフォーグリップのあるオフセットタイプのダブルハンドロッドで、これからも真冬に活躍してくれるに違いありません。


僕はブルーメタリックのベルカップを取り外して、赤い170のカップで使っています。





170の黒と赤の配色やデザインは、雪の降る冬に使って楽しくなると思うからです。


もちろんブルーメタリックも銅色(カパー)も素晴らしいですけどね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる