スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 金色の夕日と白鳥達 ス・ワンダフル ワールド!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色の夕日と白鳥達 ス・ワンダフル ワールド!


こんばんは!

水辺の写日記のカテゴリですが、まずは音楽。

サム・クック 1960年のヒット曲 ワンダフル・ワールド

ウルフルズのカバー、日本語歌詞は英語の元歌詞とは違う替え歌。




このところ日没が遅くなり、少しづつ夜が短く、日が長くなってきています。

先日、近くの大河川の河口付近を通りがかると、綺麗な夕暮れ。




後ろを振り返ると、枯れたアシ原。そこに渡りの白鳥達が休んでいます。




白鳥は夕日の当たる方向へ向かい・・・、




金色に照らされるアシと白鳥達です。




山のふもとの木々も金色に輝きます。




暖冬で、なかなか根雪にならない穏やかな冬、静かな夕暮れ時のワンショット

S'Wonderful World !・・・ス・ワンダフル ワールド!


Sam Cooke(サム・クック)は 1931年生れ、1964年没。

短い人生を駆け抜けたシンガー。

Wonderful World - Sam Cooke - UPGRADED .


===========
英語歌詞
なみ平のテキトー訳
===========
歴史学なんか よく知らない
そして生物学も よく知らない
科学の本をそれほど知らない
専攻したフランス語のことも それほど知っていない

でも、君を愛していることは知ってるよ
君も僕を愛してくれるなら
どんなに素敵な世界になるだろうか

地理学なんか よく知らない
三角関数なんか よく知らない
代数学なんかも よく知らない
計算尺を何に使うのか 知らない

でも、1+1 が 2 だってことは知ってるよ
そして その 1 が君だったら
どんなに素敵な世界になることだろうか

(A評価の)優等生にして欲しいなんて要求したりしない
でも、そうなろうとトライしているんだ
優等生になれれば、ベイビー きっと
君の愛を獲得することができると思うからさ
============

そう、僕もこの川の橋を渡り、この川と海、そして山と木々、自然豊かな処に住み着いて、もう2年になろうとしていたんだなぁ・・・。

本当に良かった・・・。

==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる