スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 新年なのに クリスマス最後の釣りは、クリスマスプレゼント(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年なのに クリスマス最後の釣りは、クリスマスプレゼント(?)

おこんばんは!


始めにトリビア。(ウィキからの要約引用ですけどね。)
=========
クリスマス・イブは12月24日、クリスマスは25日。
日本ではそれが終われば、お正月モードに入ります。
ところが西洋諸国ではクリスマスは12月25日の降誕祭から始まって2週間位がクリスマスの期間。つまり1月7日頃までクリスマスの飾り付けをするそうです。
(東欧では7日固定、西欧諸国ではクリスマス以降2回目の日曜日までのようです。)


日本では1926年(大正15年)12月25日に大正天皇が崩御。
戦前の休日法では先帝祭を休日に定めていたので、1927年(昭和2年)に大正天皇祭(12月25日)が休日に設定されて、この時代からクリスマスを祝う習慣が普及定着したんですって。
=========


12月25日を過ぎると、直ぐにお正月モードに入るのは日本ですけど、


1月7日頃まで続く、西洋のクリスマスモード。


素敵ざん”すノー”。


新年のモードとか、今年の抱負とかは、1月7日からで良いんですからね。


そんでもって、洋式オールドタックル好きな僕は1月4日と5日、クリスマス最後の夜、メバル釣りに行きました。


長い前置きだな~。


で・・、結果。


1月4日は吹雪き模様。


こんな日に釣りに来る人は誰も居ないと思ったら、3人来ていました。


前年最後に入った場所はエサで浮子釣りが1人。


前年1kg越えのソイを釣り上げた場所にはルアーマンが2人。


でも幸い、風を完璧に避けられる場所が空いていたので、釣りポイントとしてはベストではありませんが、そこに入りました。


道具は2つ。


フライロッドとベイトロッドにスピンキャストリールです。


ジグヘッドに大小のミノー系ソフトルアーをそれぞれにセット。


このふたつをロストしたらゲームオーバーの釣りです。


雪と寒さの中、ジグヘッドの交換はしたくないのでね・・・。



なんとまあ、こんなシケ模様の夕刻から夜にかけて、入れ食い。


フライロッドでは、腕が痛くなるほど釣れました。




そして、ベイトロッドでは大きめのソフトルアーをキャストして納得サイズ。


普通ならメバル釣りには使わない、大きめのソフトルアーを丸飲みしていました。



もちろん小型はリリースしながら、25㎝前後のメバルを7本キープです。


25㎝級は、川のニジマスの35㎝に匹敵する引きです。


ジグヘッドを2セット無くした時点で終了。


でも、吹雪きで辛かった。


指先が凍傷になりそうで、”さんざん苦労”すました。



翌、1月5日。


明日からは仕事ですからクリスマス(?)最後の休日。、


この日は昼の風が夕方には収まり、ベタナギ。


日曜だし、お正月モード最後の夜なのでしょう、誰も来ていません。


昨年、1kg越えの大物ソイを釣り上げた場所に直行するも、全くアタリ無し。


直ぐに、昨日の場所に移動。少し粘るも、ここでもアタリ無し。


最後は、年末に行った、チビメバルの巣窟。


ルアーを大きめにして、チビのヒットは避けます。


小型が沢山釣れてしまうスプーンリグもやりません。


この夜は、活性が低かったのでしょう。時合いは極く僅か。


それでも25㎝前後のメバルが、チビ混じりの中で、3本。

(デジカメの電池が消耗していたので、最後に、まとめて写真を撮りました、)




チビのアタリは少なく低活性、これが良かったのかもしれません。


ジグヘッドのロストはありませんでした。


この2日、釣りってやってみなければ分からない事が多いし、前日の成功体験が翌日まで続くわけではないことを改めて思い知らされました。


刻々と状況は変わっていくものなんですね。


だから面白くて止められないんですよ。


両日とも2時間ほどの釣りですが、2時間もやると指先の感覚が無くなりました。


これから寒さが益々厳しくなるので、手先の保温を工夫しなければと思います。


僕は1日目は吹雪きと氷点下の中で、2日目は低活性の中で・・・


”メニー苦しみます”た(笑)。


でも釣りましたよ。


お正月の期間、吹雪きで家に閉じこもった日が続いたので、休日最後の2日間の夜、


最高のクリスマスプレゼントになる釣りができました。


スピンキャストとアンダースピンの赤と金のカップがクリスマス飾りらしいでしょ。


このカップのことをスピンキャストリールの専門用語ではベル・カップっていうんですよ。

 ↑

これは本当の話です。


クリスマスは終わって、スピンキャストとアンダースピンでの冬の釣りはまだまだ続きます。


真冬に手袋つけたまま使えるスピンキャストリールは欠かせませんからね。


♪♪♪♪
ジングルベール、ジングルベール、竿を振るぅ
どきりんこん どきりんこんこん 心臓が高鳴るぅ!
釣れる、釣れる、メバルちゃん
遅く帰れば、アイム、(橇)ソーリ ♪♪♪♪


これはレコーディングされた某「替え歌」の、僕の替え歌
替え歌の元歌はこちら

 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=ZzGjKOVbGA0



良型メバルの料理・・楽しみだな~。


家族はあきれ顔ですけどね・・・。


さいざんすか~・・・・。
===========
「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳NEW
===========

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる