スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 釣りました! 暴風雪直前 93型で奇蹟のリベンジ

釣りました! 暴風雪直前 93型で奇蹟のリベンジ

一昨日の夜から各地で暴風雪になっています。


ところが、昨日の未明、僕の住む所では、南風になって気温が上がり、雨になりました。


日中は、雪が溶けて、晴れ上がり冬枯れの風景に戻りました。


予報では低気圧が通過し終える夕方から冬型に戻り、再び雪が降り出して、暫くの日数、雪とのこと。


もしかしたら、この12月最後の好天かもしれません。


そこで、用事を少し早く終えて、即、風の聖地へ直行。


但し気温が上がっているのは南風ですから、向かい風になります。


夕方から風向きが変わるハズなので、その時とマズメ時が合えばチャンス到来です。


強風の中、ボンコチを2セット持って出撃しました。


前回、オリムピック93型と、大森ダイヤモンドスーパー1300 を持って行った時には、アイナメはボウズ。



しかもメバルを野良猫に食いつかれてしまい、


93をセットした釣り竿で、猫と引っ張りっこする始末でした。


ですから、何とか93型のセットでアイナメを釣りたいんです。


釣り場では、強く斜め方向からの向かい風ですから、キャストは絶不調。


忍の一字でアタリを待ちます。





残念ながら1発目は、大森のセットに30㎝弱のアイナメ。




日没近くになって、風向きが変わり、冬の季節風になります。


これで釣りやすくなりました。


・・・でも雪雲なんですね。もうすぐ雪が降り出すのです。




そして93型のセットに待望のアタリ。


30㎝を少し越えるサイズ。



直ぐ後ろには、野良猫が2匹待ちかまえていました。


再度、投入。


潮が引き始め、底荒れした海底の千切れた海藻類が絡み始めます。


投入位置を少し手前に変えて、潮溜まりの千切れ藻を避けました。


17時近くになるとメバル祭りが始まります。


それまでに何とかと思っていたところ、93型のセットにヒット。


30㎝のアイナメと小型のクロソイのダブルでした。



その後は、いよいよ雪が降り出し・・・、


そして、いつも通り、チビメバルの時間になったので即終了です。


魚のサイズはそこそこでした。


でもこれで93型のセットでアイナメ釣りボウズのリベンジを何とか年内に果たしました。


日記を見ると2月3月は殆ど魚が釣れていませんので、この12月から1月中旬までが冬アイナメの季節なのです。


全部で「みっつ」ほど、秋冬にやり残した釣り方がありますが、


とりあえず、そのうち「ひとつ」は決着。


秋冬のアイナメ投げ釣りは50㎝は出ませんでしたが、ミッチェルのセットで46㎝を筆頭に、後は、中型を国産ポンコチリールで、楽しみました。


ところで・・・、帰り道は横殴りの吹雪きでしたよ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる