スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 満月、ベタ凪の夜 僕は虎になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月、ベタ凪の夜 僕は虎になる

昨日の午後、久々に天候が回復、風は弱くしかも出し風。


仕事を終えてから急いでホームグラウンドへ直行です。




ホームには10月の鮭釣り以降、2ヶ月ぶり。


ホームでの投げ釣りは4ヶ月半ぶりです。


そして持ち込んだタックルは、グラス素材、黄色いサーフロッドと両軸リール。



レベルワインダーを取り外した、自称ABUサーフマスター7000。


赤にはPE2号と力糸PE5号、黒にはナイロン8号。


7000番両軸での投てきは実に6ヶ月ぶり。


夕ご飯までのほんの僅かな時間です。


何を狙うというアテはありません。


久々の投てきを楽しみます。


はじめはライナー気味だったり、方向が乱れたりしましたが、誰も居ないので問題ありません


何回か投げているうちに。スピニングの投てきとは違う、両軸リールでの感触が戻ってきました。


とはいえ、日没後の夕闇ですから結構スリルがあります。


あまり遠くに投げようと無理をせず、自然体で中距離キャスト。


この力まない感じが身につくと、徐々に遠投のウォーミングアップができるのです。


暗闇でのバックラッシュは致命的ですからね。


直ぐに暗くなってしまい、錘が飛ぶ状態は見えませんから、スイングもサミングも体で覚えた感覚が頼り。


アタリを待ちます。


海は、満月の大潮満潮の潮止まりから一気に下げに入る時間帯。


さて結果は。


初めは黒のセットに地味なアタリで、腹白の魚体。


自称キタノハラシロギス。



正式にはツマグロカジカ、地元ではギスカジカと呼ばれます。




最大40㎝、投げ釣りでは25㎝以下の小型がメイン。


これも25㎝弱。


普通はリリースですが、この魚の味噌鍋は良い味が出ます。


この小型ならお椀2杯分。


続いて、赤のセットに大きなアタリ。


茶色い北国系のツイード柄。


30数㎝のアイナメでした。



1時間ちょっとのレクリエーションを終えようとしているところに遠来のアングラーがやってきたので、僕は終了、撤収です。


自宅では、先日釣り上げたアイナメで作る中華 油淋魚(ユー リン ユウ)がてんこ盛りになっているんですね。


後ろを見ると、満月が出てきて海面を照らしていました。



今夕、僕は、この太く黄色いロッドが、暗闇で虎を射止める弓矢になったような感覚にとらわれます。


これは中島敦の短編小説からくるイメージ。


中島敦の短編小説、名人伝の紀昌(きしょう)や、山月記の李微(りちょう)になった気分。


============
名人伝/中島敦のあらすじと読書感想文(ネタバレ)・・はこちら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/hon5/29.html

山月記/中島敦のあらすじと読書感想文・・はこちら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/book/021.htm
============

 

この短編は道徳話のように取り扱われることもあるようですが、一面では狂気の世界を描いていると思います。


でも、僕は、夕ご飯の時間に帰るような、平凡なアングラー。


仕事でも趣味でも達人とか名人になるつもりはありません。


平凡に生きて、平和な家庭があればそれで充分です。

(海外の釣り紀行文学で知られる、某 有名小説家の家庭は大変だったそうです。)



そして厳冬期、防寒の目出し帽は


毛糸やフリース素材ではなく、こんな覆面も面白いかと・・・


黄色くぶっ太いサーフロッドの時には・・、虎だ、虎になるんだ!



「パーティグッズ」という通販サイトで、こんなモノを見つけました。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/party-honpo/pw-25409s.html



これも狂気の世界。



でもね、僕はメガネなので、覆面はかぶれないんです。


あ~よかった。



お後がよろしいようで。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる