スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 東北のカレイ用天秤 旗振り仕掛け?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北のカレイ用天秤 旗振り仕掛け?


アトランティックな夜

アトランティックな夜
アトランティックな夜


赤旗と白旗を持って、


赤上げて、白上げない、・・・赤下げないで、白上げる・・・などというかけ声に合わせて旗を上げ下げするゲーム。


大昔のテレビ番組でやっていました。


これで笑っていたのですから、おおらかな時代です。


さて、10数年前ですが、東北地方で使われているという、変わった天秤を手にしました。


名前は忘れましたが、写真のようなモノです。


錘を着底させて、錘を底から離さない程度に、釣竿を上下させると、天秤のアームが旗振りのように上下します。


ハリスは5~10㎝位と短めにして、釣り針を左右に2本づつ、さらに欲張る場合、錘を止めているピン(緑色の部分)にもう1本、最大5本取り付けることができます。


海底の砂の中に隠れているカレイなどの根魚はひとたまりもありません・・・・

・・・という、うたい文句の天秤です。


針は左右2本にして、左右のアームの中央には、シルバーやレッドのレインボーシートが貼り付けられた、小さな集魚板を取り付ける場合もあります。


釣りとしては、その方が面白いですね。


船竿を小突いて、アームを上下させて、旗上げゲームをしながら、カレイを釣る訳です。


「マニアックな釣り」とはほど遠い、お笑い番組的な天秤、旗振り仕掛けです。


1000円近くしました(笑)。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる