スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (続)11月最終日 夕方の釣り 晩秋に追い求め続けてきたクロガシラカレイで決着 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続)11月最終日 夕方の釣り 晩秋に追い求め続けてきたクロガシラカレイで決着 

前記事の続きです


ニジマスを釣り上げて帰宅し、またベッドの中で睡眠。


昼過ぎまで熟睡しました。


起きてみると、体調が・・・かなり回復。


元気です。


昨年の日記を見ると11月末には既にクロガシラカレイは釣れなくなっていました。


でも今年は悪天候とシケが続いているものの、水温が少し高いようでしたので、最後のチャンスかもしれないと思い、ダメ元で、確認のために出撃。


でも、アイナメのルアー釣りに切り替えたいので、ジレンマもありました。


ダラダラと同じ釣りをし続けると、別の好機を逃してしまいますから。


自宅を出ると、相変わらずの爆風でしたので、ふんぎりがついて、,本夕は無理せず、投げ釣りに徹することにしました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


強い横風。向かい風でないだけマシ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



日没寸前からの開始。


「時合い」は時間にしてせいぜい2~3投。


投げ込んだらアタリじっと待つ地味な釣り。


底荒れ気味、しかも干潮でしたが、超渋いアタリで、25㎝ほどの小型を1枚、なんとか釣り上げました。



アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


実は、数日前、仕事を終えてからの釣りで、同型を1枚釣っていました。


30㎝オーバーが釣れなくなっているんです。


そろそろクロガシラカレイのシーズンが終わるように思われました。


こうして11月最後の釣りは、最終日の夕方 晩秋に追い求め続けてきたクロガシラカレイで決着しました。


ところで、

数日前の釣りから、リールを変えて、400gちょっと、小型のペン5500番。


昨年まで愛用していたグラファイトボディーのリールです。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


このところ、金属ボディーばかり使っていたので、ちょっと違和感がありました。


グラファイトとしてはかなり剛性があるペンでも僅かにフットがグラグラするんです。


ルアーならまだしも、中距離投げであってもゴリ巻きの投げ釣りには???です。


僕のリールへの思いも、軽量・高性能ではなくなっていることを実感してしまいました。


季節変わり、そして心変わり・・・11月最後の釣りです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる