スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (続) 落葉松が金色に染まる晩秋 病み上がりで僕の釣りは・・・ One O'Clock Jump

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続) 落葉松が金色に染まる晩秋 病み上がりで僕の釣りは・・・ One O'Clock Jump

つづきです

前記事はこれ
 ↓
落葉松(カラマツ)が金色に染まる晩秋 病み上がりで僕の釣りは You belong to me

ボウズの午前、帰宅してから昼下がりまで昼寝で静養。

仕事疲れと風邪引きは、15時頃にはかなり回復しました。

♪  釣り無くしては
いられぬ あたし
たとえ ひと時でも
You belong to me ♪ 

出撃です(笑)

ボウズ逃れでクロガシラカレイのポイントへ直行。

本当は15時きっかりにでかければ、僕のセオリー通り15時30分開始でしたが、やむを得ません。

16時少し前から、日没まで1時間の投げ釣り。

17時過ぎには片付けて、帰宅。

そして妻に車を渡す約束。

時間厳守の釣りです。

小学生の頃、日が暮れるまで、唐辛子浮子とアカムシ、3本継9尺の竹竿で、モツゴやダボハゼを釣っていて、帰りがけに、大人が長い竿で大きなフナやドジョウを釣り上げるのを見ていたことがありました。

20㎝以上はあろうかと思われる、蒲焼きに出来そうな、太くて大きいドジョウを貰って、ドジョウ好きの父親に見せようと、勇んで家に帰り着いたのは19時過ぎ。

でも、父親から、いきなり、猛烈に叱られました。心配していたんですね。

いつもなら18時には帰宅して、テレビ番組「シャボン玉ホリデー」を家族で見ていたのですから。
  
こんな、洋楽とお笑いコントがセットになったバラエティー番組。
今ではあまり無いスタイル。
 ↓
シャボン玉ホリディー ワン・オクロック・ジャンプ .

宮間利之とニューハード & 植木等(g) 谷啓(tb)  鈴木章治(cl) 白木秀夫(ds)、そして(vo)はダークダックスとザ・ピーナッツ

今にして思えば、中学・高校生頃からジャズが好きになったのは、こういう番組で、釣り少年だった小学生時代から、知らないうちに刷り込まれていたようです。

というわけで、本夕も、叱られないように、時間厳守。1時間の投げ釣り。

病み上がりの僕には十分な時間と釣法。

竿さえ出せれば良いのですから。

そしてこの場所は、本命のクロガシラカレイは、夕マズメに1枚釣れさえすれば十分な釣り場。

ボウズ逃れとはいえ、カレイではボウズ覚悟の場所です。

ただ車を横付けできて、暖かい車の中でアタリを待つことができます。

満潮から下げに入った時間。

1投目から連続でアタリがあります。

結局、車に入ってアタリを待つことができませんでした。

手短かにいきましょう。

15時57分・・チビアイナメ
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


16時8分・・30㎝アイナメ
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


16時27分・・・クロガシラカレイ 25㎝弱のチビサイズ・・さいざんすか・・。
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


16時40分・・・クロガシラカレイ ダブルヒット 32㎝と25㎝
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


16時50分・・・クロガシラカレイ 34㎝
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


16時58分・・・クロソイ 27㎝
秋のソイは脂が乗っているので、お作りの期待感は満点!
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


これで終了・・約束通り、帰宅です・・・・。遅れると叱られますから(笑)

$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


こうして、夕方の釣りは、ワン・オクロック・ジャンプではなく、

病み上がり、「シック」スティーン・オクロック・ジャンプの「プチ爆釣」になりました。


ワン・オクロック・ジャンプといえばスイング・ジャズの名曲。

グレン・ミラーやベニー・グッドマンのビッグ・バンドの他、カウント・ベイシーの名演でも知られています。

今でも演奏される曲目ですね。

記事の最後に、動画を2つリンクします。

最近の欧州のビッグバンド KUSTBANDET
ABUリールでお馴染みのスエーデン国ストックホルムで2009年の演奏。

KUSTBANDET "One O' Clock Jump" 2009


Kustbandet "The swinging swedes" caught "a day at the office", playing for jitterbugs at Chicago Dance Room one sathurday night in Stockholm 2009.

動画では・・ジルバを踊っていますね。

ちなみにジルバはジッター・バグ・ダンスとも言われます。

あの、有名なトップ・ウォータ・プラグ、命名の由来。

お若いバスアングラーなら、まず知らない、トリビアかな?

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



そして、極めつけは、カウント・ベイシー楽団。1943年。

One O'Clock Jump - Count Basie (1943)



こうして、先週土曜日、午前のボウズで始まった、病み上がりの僕の午後の釣りは終わりました。

あ~・・、スッキリした。

(まだ土曜日・・日曜日のホリデーまで、さらに続くざんすよ)

==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)
 ↓
釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6. Re:ちわ~v( ̄∇ ̄)v

>miuさん

ブログをお読みくださり、有り難うございます。

釣りと音楽のコラボ記事を、たまに書いています。

またご訪問して下さい。

5. Re:無題・・・ぎゃあぁ~~~!

>キャッチ&イートさん

>ぎゃあぁ~~~!

ソイの味は、やはり春とは違いました。

この季節、陸っ張りでは、まだサケをやっているアングラーが多くて、カレイ釣り場は空き空きです。

秋のクロガシラカレイも、春のモノとは比べ物にならない位、美味しいですね。

ブリの爆釣り、僕もやってみたいです。・・いや1~2本でも良いです。

4. Re:無題・・・こういうことも

>ぎりっちょさん

おはようございます

こういおうこともあるんです・・気合いが入らない方が良いのでしょうかね。

オールドなJAZZとオールドな道具での釣りのコラボ・・・、だんだん僕の釣りスタイルとブログのテーマが見えてきました。

3. 無題

ぎゃあぁ~~~!

病み上がりでその釣果♡

釣りに行けないオイラには目に毒!毒!

ぎゃあぁ~~~!
ソイちゃん♡旨そう♡

それよりも秋のカレイちゃん♡
釣ったこと無いなぁ~~~(T_T)

2. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

ブログ、読んでます!ブログって人柄で出ますよね~さよなら~

1. 無題

釣果もすごいけど、病み上がりでの出撃参りました。(笑)
ジャズ楽しいですよね。
懐かしい音楽と映像じっくり聞かせていただきました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる