スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ クロガシラカレイの煮付け・・・秋まで待った甲斐がある一品

クロガシラカレイの煮付け・・・秋まで待った甲斐がある一品

秋のクロガシラカレイの煮付けです。


ハリを飲んでリリース出来なかったチビアイナメも一緒に煮付けて盛りつけました。


30数㎝ですが、このカレイの身の厚さが分かって貰えると思います。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


今年の3月クロガシラカレイの有名ポイントに2回ほど行きましたが運悪くボウズ。


その後、追い求めず、秋までクロガシラカレイねらいの釣りはやっていません。


このカレイは早春には産卵直後で、身はペチャペチャで美味しくないんです。


早春は大きい魚が釣れますし、ようやくやって来た春の魚釣りで熱くなる釣りモノですが、無理して釣ることはありません。


秋まで待てば最高のコンディションの魚が釣れるからです。


ちなみに、クロガシラカレイはマコカレイの変種。


同じ遺伝子を持った北国系のカレイです。


北国では秋が旬。


卵が大きくなりかかった秋頃が美味しいのです。


クロガシラカレイも卵が大きく熟し始めると荒食いします。


でもこの頃は多くのアングラーがサケ釣りに熱中していて釣り場は閑散としています。


この時が釣りのチャンス。



そういう1匹を、カレイ料理の基本・・・、煮付けで味わいました。


つまり今期の初モノです。


秋まで待った甲斐のある美味しさでした。




 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる