スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ これは凄い ビンテージリール修理の技

これは凄い ビンテージリール修理の技

以前、ダイワの名機7250RLというスピニングリールの系譜について3回の連載記事を書きました。


7250RLは稲村製作所のRODDY CONVERTIBLE 7250RL のマイナーチェンジだったのです。


そして、1960年代後期、RODDY CONVERTIBLE 7250RL はHEDDON CONVERTIBLE 234 のOEMとして輸出されていました。


このリールは1960年代国産スピニングリールの傑作のひとつです。


こういうリールはあまり中古市場に出回らないので、1点モノとなり、故障や破損した時の部品調達や修理が困難です。


ところが、こういうリールを修理してくれる個人業者や職人の方がいるのです。

 ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/minecofujiko/38716527.html


上記記事とは違いますが、写真を2枚、引用させていただきました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

 ↑

このリールの修理を執り行った方は「リール屋ピカレスク」の「美猫」氏。

http://blogs.yahoo.co.jp/heddon01jp/folder/938784.html


そしてもう一人の職人は「リール・オーバーホールHOPE」の「ブラック」氏
http://blogs.yahoo.co.jp/tk1black

(生真面目な職人気質といった印象)


ブログの内容はさておき・・・、どちらもオーバーホールや修理など、とても廉価で良心的な仕事をされています。


修理ばかりでなく、故障したジャンクの再生品の販売もあったりするようです。


そうなれば数の多い往年の名機ばかりでなく、現存個体の少ない隠れた名品も再び使えるようになるのです。


僕にとっては嬉しい限り。


顧客も増えているようですから、是非、事業を成功して欲しいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:おおー!

>じゃこごうこさん

こんばんは

部品作りまでもやるリール修理業者はこの方だけでしょう。

ポンコチ界の宝ですね。

3. Re:ありがとうございます!

>美猫さん

こんばんは

昨今のリールはベアリングだらけですが、オールドはシンプル。
でも使っていて面白いのはオールド。
普通の魚釣りにベアリングは関係ありません。
(サケでもね)

僕も作って欲しい部品があります。

例の再生リールは良い魚が釣れたときに紹介しますね。

お楽しみに。

2. おおー!

ふーじこさんだ!

ええ仕事されてますね。

1. ありがとうございます!

御紹介いただきありがとうございます。

古いリールは修理に自由度が高いのでやりやすいですよ!!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる