スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ そして午後、強風の中、快心の一撃

そして午後、強風の中、快心の一撃

(前記事のつづきです)


早朝、強風でしかも干潮時の釣り、小型アイナメでかろうじてボウズを免れました。


一旦帰宅し、用足しを終えてから、午後15時に再度出撃。


相変わらずの強風で、潮回りは満潮に向かう上げ潮。


始めに、この風には完全に風裏となるポイントに立ち寄ります。


ここは冬期間、僕にとっての釣りの聖地。


50㎝近いアイナメが期待できますが、カレイは釣れない場所。


つまり今回は、本命のカレイがダメな時の逃げ場です。


アングラーはいないことを確認して、今朝釣りをした場所に向かいます。


さて行き先のカレイ釣場では、いつもの立ち位置にするか、今朝始めて投げた位置にするか、考えました。


一瞬迷いましたが、風向きが変わらないので、朝と同じ立ち位置にしました。


ポイントを知り、増やすには、何事も経験を重ねることが必用ですからね。


さて第1投。1セット目を投入。


これはベストの所に投入できました。アマモの切れ目の砂地です。


そして、2セット目を準備している時に、小さなアタリと糸フケ。


これは明らかにカレイのアタリ。


アマモの上を通過するので潜られて口切れしないように、慎重に寄せました。


水面でサイズとハリ掛りの状態を確認して、ブッコ抜き。


やりました!!・・・・35㎝のクロガシラカレイです。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


身の厚いこと!・・さすがはクロガシラカレイ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

快心の一撃です。



さて、2セット目を投入し、1セット目も再投入。


十数分後、今度はダブルヒット。


竿尻を持ち上げる大きなアタリの方を始めに寄せます。


引きから明らかにアイナメだと分かりました。


これもブッコ抜き。


37㎝の中型。アイナメらしく、素晴らしいシメ込みを味わいました。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


中型ですが、むしろ、これは食べ頃で、大型より美味しいサイズ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


もう1本のアタリはチビアイナメでした。

(写真はありません)


これで1時間。


もう1時間延長するものの潮止まりでアタリ無し。


やはり時合いだったようです。


初めての立ち位置で、キャスト方向は限られながらも、海藻の切れ目の砂地を狙ったピンポイントのミドルキャスト。


軟調子の竿ならではのキャスト。硬い竿での遠投ブン投げではありません。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


そして本命のクロガシラカレイばかりか、秋アイナメまでもサイズアップ。


短時間ですが、快心の投げ釣りができました。


自分で言うのも何ですが・・・、この夏のコイ釣りの経験から学んだモノが大きいと思う海の投げ釣りでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・・砂地でも

>ぎりっちょさん

こんばんは

砂地でも海藻などがあればアイナメはいますが、ゴロタ石ではカレイはいないですね。

砂地の中にある岩の上にクロガシラカレイは乗っていることもあるそうですが・・。

1. 無題

やっぱり、アイナメとカレイのポイントは違うんですね。
時期に寄っても多少違いますが、アイナメは岩礁(ゴロタ)に海藻、カレイは砂泥というのがこちらのセオリーです。
両方とも狙って釣るのは苦労します。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる