スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 銀毛メスサケのムニエル 濃い赤身の色と味に感動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀毛メスサケのムニエル 濃い赤身の色と味に感動

先日釣り上げた銀毛メスサケは卵が成熟しておらず、イクラに加工してみると粒が小さく半分くらいの量でした。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


それだけに、身には栄養分がたっぷりということです。


身の色は、秋サケのサーモンピンクというよりも紅色。


キングサーモンや紅鮭と変わりませんでした。



アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


これは美味しそう。


早速ムニエルで。 


イタリアンパセリと自家製マヨネーズを添えたシンプル料理です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


「美味しそう」ではなく、「これは美味しい!」の一言でした。


普通、秋サケはシロサケと呼ばれ、身がピンク色していても加熱すると白っぽくなりますが・・、


このメスサケは加熱しても綺麗なサーモンピンク色。


そして、シロサケとしては遠洋モノのトキサケに匹敵する脂の乗りでした。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales
メスサケの身(筋繊維)の食感はオスサケよりキメが細かいように思います。

(これは牛肉でも同じですね。オスウシはだから去勢するのです。)


海で少しだけ真水を感知したオスサケは硬い筋繊維が少しほぐれて、身離れが良くて美味しいといわれます。

(塩サケにすると違いが分かります。)


つまり、このメスサケは秋サケとしては最上のモノだったのです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・・生食は

>まーちゃん( Marbo )さん

おはようございます

おさしみですが、一旦冷凍してからルイベさしみにして食べる方もいます。

ただ、生サケは、生サバや生ウグイと同様、人によっては激しいジンマシンを起こします。

生ならスモークサーモン、
ソフトな仕上がりの冷燻が最高だと想います。・・、
(ここ数年作っていませんが・・・・)

1. 無題

美味そう…

でも刺身では食べないのですか?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる