スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 3連休3日目、台風直前 サケ釣りで古くて新しいチャレンジを試みるも・・風雨と増水に阻まれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休3日目、台風直前 サケ釣りで古くて新しいチャレンジを試みるも・・風雨と増水に阻まれ

3連休3日目は台風直前、朝から強い雨です。


台風が接近しつつある午後、嵐の前の静けさ、雨が弱くなったので、またまた出撃。


今回はフライではなく、プラグ・ルアーです。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


しかもご当地釣法のスピニングでの浮子ルアーリグではなく、重いアトランティック竿とスピンキャストリールで軽いフローティングプラグを投げます。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


大きなスレのトリプルフックは明らかに違法の引っかけバリですが、


元々ルアーに付いているサイズで普通のスローリトリーブは違法ではないそうです。
(ただしスレ狙いの早引き、シャクリ、ジャークは違法です。)


僕の釣り場はサケ・マス河口規制のない場所、いくつかある小沢・河川の河口付近。


こういう場所なら、一人で静かに釣りさえすれば魚も近づき飛距離は不要ですが、とても浅いので浮子ルアーリグでスプーンの遅引きですら無理な場所。


あまり人が来ない、つまり、魚が居ても釣れないと言われる場所。


13㎝の軽いフローティング・プラグを20m弱の短距離で投げました。


大型スプーンで大遠投のアングラーからすれば、考えられない短距離。


そして13㎝は大きく思う方もいるかもしれませんが、45gのスプーンにタコベイト、更にサンマ切り身を取り付けたリグとそう変わりません。


さて、釣場は昨日からの雨で流入河川は大増水。


激しい泥濁りではありませんが水量は2倍以上。


この流速をチャンスと読んだのです。


海に注ぐ川水の流れの抵抗でルアーはリトリーブせずとも泳ぎながら、10~20㎝くらい沈みます。


遅引きで、沈めても30㎝。


一旦投げ込んで糸を張ったまま、海に刺さり込む流心に定位させこのままアタリを待ちます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



接岸する群れが来たら、少しアクションをつけたり、ゆっくりとリトリーブしたりして、リアクションバイトを狙うのです。


スレ掛りを避けるために、ハリは小さくしました。


この方法は欧米やロシアの大河で激流の川中にボートを固定してルアーを下流に流したままアタリを待つサケ釣りからヒントを得ています。


頻繁にキャストをしないので、510gと重いアトランティック竿と390gのスピンキャストリール、合計900gのセットでも何とかなります。


キャストが辛くなったら、ラインをリリースしてルアーを沖に流し込めばよいのです。


でも今日は魚が居ません。


ごく僅かにサケの寄りはありましたが、ノーバイト。


台風が去り、増水が一段落する頃には、沖合で真水を感知したサケの群れが沢山接岸することでしょう。


その時こそが真のチャンス。


「静かに」していれば、魚は驚くほど近くまで接近してきますし、一見、地味な釣りは「コイ釣りや渓流のドライフライ」に似てエキサイティングなのです。


次の休日にはもう1カ所、フライでは釣りにくい別のポイントを「静かに」探ってみようと思います。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


沢山釣れる有名ポイントで沢山のアングラーが肩を並べて「浮子ルアーリグ」であちらこちらでスプーンをドボ~ンと砲撃だらけの釣り場は、あまり好みませんので・・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・・ウォルトンの金言

>umitomoさん

「静かに・・・」はウォルトンの金言ですね。

海のサケ釣りも、サイトフィッシングは静かなのにエキサイティングですね。

1. 無題

立ちこまなければ、凄く近くまでやってくるサケ。
静かに釣るサケ釣り、良いですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる