スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 夏コイのファイナルは「運命の赤い糸」で!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コイのファイナルは「運命の赤い糸」で!!

先週の休日以降、毎日が風と雨。海はシケです。


サケの季節に入ったので、もやもやした気持で、いつものコイ釣りに行きます。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


猛暑も終わったからでしょうか、大コイの魚影が見えるようになっています。


でも、大コイの動きは7月とは全く違います。


7月は捲きエサを少し投入すると、下流側から水底の泥を濾す採食行動を取りながら近寄ってきました。


今は、コイっ仔と同じようにスイスイと泳いでやって来ますが、釣り糸を見切って「さっと」逃げていくのです。


日曜日はコイっ仔を10匹以上釣りました。


月曜日も数匹。


コイっ仔でシックスス「つ抜け」は終わっていました。


もう大コイは暫く釣れないかもしれないとの思いにとらわれ始めます。


でも今朝、忘れていた海のサケ・マス類も気になり出したのですが、雨模様でシケなので、夏コイは最後との思いで出撃しました。


前回から、釣り糸を換えています。


これは、少し前に僕の釣りを見ていた地元の方のアドバイス。


「この透明な水でのコイ釣りでは、ナイロンラインは色付きが良い。クリアーは光りを放つのでコイが警戒する。黄色でもオリーブでも、グレイでも良いから使って見なさい。」・・・とのことでした。


これまでクリアーのナイロン8号でしたが、手持ちの赤いナイロンライン10号に巻き直したのです。

(わざわざ新品は買いませんでした。)



あと、巨大なリリースネットの他、トラウト用のリリースネットも持ち込みました。


巨大ネットだけですとコイっ仔には使いませんから、つい扱いがラフになるので、トラウト用のサイズも必要なんです。
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


ちなみに、僕の仕掛けは10数年前に購入した「吸い込み」でハリ数を3本に減らして使っています。ハリスは最近主流のケブラー繊維ではなく、赤いナイロンの編み糸。


糸さばきが良いのでケブラー素材のハリスより気に入っています。


リールのハンドルも人気の「赤」(たまたまですけど・・)。


道糸も含めて赤一色で少しだけ「女子力アップ」ですかね。


それとも「勝負仕掛け?(笑)」


赤いナイロンラインはクリアーウォーターで、確かに良く釣れました。


それはひとつの要素として、結構重要かもしれません。


あとは、エサの選択や投入場所など、大コイとののマッチングです。

今朝もスイートコーンのクワセエサでコイっ仔をたやすく連続ヒット。


大コイ狙いで、水草の際に仕掛けを落としても、コイっ仔が出てきます。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


いよいよ諦めムードになりかけましたが、少し遠く、対岸からの方が近い位のところに投げ込みました。


クワセはカルパスに換えました。


これで全て「赤一色」。


寄せのネリエサはやや小型にして打ち返しを多く。。


でもリキんだキャストをすると、保持力の小さい小型練りエサは外れて飛ばしてしまったりします。


ネリエサのダンゴが最後の2個になってから、2回前の投入でミスキャストして、ネリエサだけが飛んでいった所に投入しました。


すると、いきなりのヒット。


糸が見る見る引き出されていきます。


これは1週間ぶりの大コイ。


今回は慎重にやりとりしました。


なんとか寄せてネットイン。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


63㎝のキズひとつ無い、綺麗なマゴイでした。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


これで今期73匹目。


この1週間、ずいぶんコイっ仔を釣ってきた末の大コイ。


嬉しさがこみ上げます。


「運命の赤い糸」・・・やはり大コイでした。


これで僕の「ひと夏のコイ釣り」はファイナル。


これからは暫く、海のサケ釣りや渓流のニジマス釣りがメインですが、海がシケ、渓流が増水の時には、迷うことなくコイ釣りに行くことでしょう。


このところ毎日が雨続きなので、コイ釣りは「たぶん」そういう時でもやれる、最高のスポーツフィッシングであることは間違いありません。


クリアーウォーターでのコイ釣りは、心もクリアーに洗われる釣りなのです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる