スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 地味なフィフス「つ抜け」を飾ったエモノは!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味なフィフス「つ抜け」を飾ったエモノは!

先日、83㎝のマゴイを釣り上げて以来、大コイの姿は全く見えなくなりました。


それでも、早朝散歩の朝釣りにはポツポツとコイっ仔がヒットします。


先日、久々に管理釣り場でフライフィッシングをしてから、これまでコイっ仔の扱いがぞんざいなことに気付きました。


陸に上げるとウロコが1枚ほど取れることがあったのです。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


これからは、コイといえども小型は水面でハリを外します。


でもって、昨日と一昨日、コイっ仔をコンスタントに釣り上げます。


そして、今日も早朝に出撃。


水は少しだけ濁っています。


そして、かなり水温が低下した様子。


魚は隠れていて見えません。


それでも、2匹のコイっ仔。


午後は雨が降らなかったら、山の上のカンツリにニジマスのフライフィッシングに行こうかと思っていましたが、台風は温帯低気圧になった影響で、風と雨です。


結局、午後もコイ釣り。


濁りはありませんが。、雨ばかりか、風が強いので木の葉が沢山流れてきます。


今朝まで少し濁っていた釣り場の水は澄んでいました。


少々の雨では濁らないし、澄むのも早いのです。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

やはり、低活性。


それでも、3匹のコイっ仔。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

これで、今期51匹。


8月中にフィフス「つ抜け」を達成してしまいました。


そして一昨日と昨日は、カメもヒット。


カメは3日連続・・・絶好調です。


8月から釣れ始め、もう5匹!


というか大コイが居ない時にカルパスを使うと、エサ取りのウグイはかわせますが、カメが釣れてしまうのです。


ハァ~イ・・・・君たち「カメだす」・・・・・・・・・・・・・・これで・・・・これで・・・・


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


コイは、地味~なフィフス「つ抜け」・・・・・カメも5匹・・・10%の確率と急激に追い上げられました。


これで8月の釣りは、終わりです。


明日から9月、しかも台風崩れの低気圧が来襲。


いいえ・・明日も出撃です(笑)。


海釣りや渓流は無理ですが、湖沼・池とか濁りにくい川とか、内水面には雨風に左右されない釣り場があるのです。


(屋内釣堀という手もありますが、僕の住むところにはありません。)


それでは皆さま、「ダメ元」で行ってきます。


やっぱり「カメ元」かなぁ~・・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・・リリースネット

>ぎりっちょさん

コイ釣りを始めてから、トラウトやメバルのフライフィッシングを除いて、他の釣りには気持が行かなくなっています。

コイっ仔は、巨大なリリースネットを使うまでもないので、水中リリースがベスト、もしくはトラウト用リリースネットを使うことがベターです。

ミドリカメはとてもどう猛なので、ペットとして飼いきれなくなって放流するのでしょう。

1. 無題

鯉釣りの魅力には言葉には言い表せない不思議なものがありますね。
水中リリースは最高のテクニックだと思います。

ミドリガメは九州のクリークにも異常繁殖しています。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる