スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 近所の小河川で嬉しい1匹 下流部でチビアメマスを!

近所の小河川で嬉しい1匹 下流部でチビアメマスを!

早朝コイ釣りを楽しんだ日曜日の午後、風が強く、ホームグラウンドの海も不調のようです。


サクラマス狙いで少しストリーマーフライをキャストしてみましたがノーヒット。


夕方、大河川の中上流部の渓流に行ってみました。


ところが、泥濁り。


上流、分水稜付近の豪雨の影響です。


下流部は全く濁っていなかったので、ほんの少し前の雨のようでした。


やむを得ず帰宅の途に付きますが、市街地に入ってから、近所の小河川の最下流部のポイントにちょこっと入りました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


チビニジマスかヤマメを1匹でも釣ろうと、ドライフライを投げます。


何投目かに魚が掛かりますがバラシ。


少し下流に移動して、再度キャストをします。


既に暗くなって殆どフライが見えなくなりましたが、何とか1匹釣り上げました。


魚は20㎝ちょっとのチビアメマスです。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



この魚は遡上して産卵したアメマスの幼魚。


来年には25㎝ほどに成長して降海するかもしれない個体です。


普通ならぞんざいに扱われる魚ですが、この川では珍しい魚です。、


この小河川は河口から2km程の所に魚止めの堰堤があり、降海性の魚が遡上して産卵する場所は極僅か。


生まれた魚の生息場所は少ないのです。


でも僅かに生息していることは聞いていましたし、エサ釣り師の釣果を見たこともありますが、僕はこの川では初めて釣りました。


市街地を流れるこの川では数少ないイワナ類、ニジマスなど外来種より貴重な在来種。


写真を撮ってリリースしてから、自宅に帰りました。


小さくても、出会えただけで嬉しい1匹です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・・数少なくても

>umitomoさん

下流部は護岸工事や堰堤、河床均平化などで痛めつけられていますが、中上流部は河畔林た森林のおかげで渓流魚が生息しています。

数少なくても、在来種が自然繁殖する環境は貴重ですから、大切に見守って行きたいです。

1. 無題

在来種であるアメマスが居ることは嬉しいですね。
こちらでも少しずつ河川でアメマスを見かけることが増えてきました。
少しずつアメマス資源が回復してるようです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる