スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 局地的豪雨の中、ハリスぶっち切れの後 これがコイなの科(前編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

局地的豪雨の中、ハリスぶっち切れの後 これがコイなの科(前編)

日曜日の朝、昨夜から降り始めた雨が強まっています。


メッシュデーターで雨雲を見ると、少し内陸側は雲が薄いようです。


海は大シケ、渓流は濁流。


即決、雨の中、コイ釣りに出撃。


釣り場は小雨ですが、普段はクリアーで濁りにくい水が流れる川も河畔からの流入で濁り始めていました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

数投目に猛烈なアタリがありました。


一気にリールから糸が引き出され、梅花藻の中に逃げ込まれました。


仕掛けは3本ハリ。


水草の中に入られると、遊んでいるハリが水草に引っかかり、釣り糸のクッションが伝わらず、魚が掛かったハリスの強度だけになります。


結局ハリスを切られました。


恐るべしコイの突進。


一気の重い走りを止められなかったんです。


またか~。


これもコイ釣りですから、ま~いいか。


再度投入。


暫くしてから、軽く糸が引き出されます。


寄せて見ると、ウグイ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

一応これもコイなの科(爆)。


雨足が強くなってきて、どしゃ降りになりました。


川の両サイドからみるみる泥濁りになっていきました。


まだ濁っていない流心の向こうにキャスト。


目論み通りコイのサワリアタリが出ます。


そして、終了間際に、30㎝弱の体高の高い綺麗なコイっ仔。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


いつ見てもほれぼれする可愛らしい姿。


これもコイなの科。


朝食で帰宅しましたが、自宅近くは猛烈な雨でした。


夕方には驚愕の結末が!


(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる