スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (続)雷雨の後のダブルヘッダー 小渓流ルアーフィッシングでニジマスをキープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続)雷雨の後のダブルヘッダー 小渓流ルアーフィッシングでニジマスをキープ

続きです。


コイを釣り上げた朝、早々に帰宅し朝食後に朝寝。


午後は蒸し暑く、どんよりとした曇り空。


早朝の雷雨で、近くの大河川の上流部は濁流ですが、雨雲が通らなかった、流程の短い小渓流の水は濁らないハズです。


近所の小河川も澄んでいましたが、少し離れた小渓流に行きました。


この川は、以前、偶然見つけたのですが、ニジマスが自然繁殖しているかもしれないのです。


以前、橋の欄干からニジマスを発見した「鱒見淵」の川です。


この川の上流部に入ります。


入渓流地点は3カ所ありますが下流側から入って、2カ所目の地点まで遡行します。


小渓流のルアーフィッシングなので、どんどん遡行して大場所だけを攻めました。


普段はリリースですが、今回は、年に1回のキープ目的。


水田からの排水の無い上流部の川魚を食するのです。


目標は3匹以上、6匹キープした時点で釣り終了の自己ルール。


渓流は気温が高いため、川霧が立ちこめていました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

小渓流らしく小型が結構アタックしてきます。


結局23~25㎝クラスを3匹キープして、終了地点までたどり着きました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


終了地点にもニジマスが数匹泳いでいますが、これはスレ切っていました。


ウェイダーは手提げ袋にしまって、汗で濡れたシャツとズボンを乾かしながら・・・、


歩いて入渓流地点まで、牧草畑のある林道を下っていきました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

曇天とはいえ、真夏の心地良い一時を過ごすことができましたよ。


僕はこの川をブログ上では「鱒見川」と名付けることにしました。


                                         (了)



(関連記事)
==========
雷雨の後のダブルヘッダー コイが2本+2匹!?!?
http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11594590018.html
今日は川の(食)漁師に
http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11378691942.html
納涼 激写! 鱒 小渓流、橋の欄干から
http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11571731750.html
鱒 また激写! 命名 鱒見淵とマス男君
http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11578457206.html
==========

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:料理が楽しみ

>咲いたマンさん

こんばんは

昔のように川魚を沢山キープしなくなったので、ムニエルと塩焼きが定番です。

沢山キープしていた昔は、温燻とか、ワインビネガー漬けなんかも作っていました。

渓流のニジマスは晩夏から秋fが旬ですね。

1. 料理が楽しみ

なみ平さん、こんにちは。

産卵期が春だとすると、ニジマスの旬は今これからですね。
ヒラメは和風で逝きましたから、マスは洋風でしょうか、楽しみです(笑。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる