スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 雷雨の後のダブルヘッダー コイが2本+2匹!?!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷雨の後のダブルヘッダー コイが2本+2匹!?!?

昨日から雷雲が発生し続けています。


風も強く、早朝は稲光と雨でした。


早速ネットで雨雲のメッシュ地図で検索すると、僕の住む海岸と内陸の分水稜あたりに雷雲がありました。


休日初日は近くの大河川の上流部に渓流フィッシングを目論んでいましたが諦めました。


となれば、早朝はコイ釣りです。


どうしてかというと僕の釣り場には雷雲が無いし、使うのはグラス竿だからです。


4時に雷雨の中、出発。


現場に行く途中から道路が乾いていて、雲も高く、空が明るくなっていました。


いつもよりゆっくり準備をしたので平日の早起きと変わらない5時開始になりました。


昨日から続いている雷で活性は低そう。


1投目スカ。


2投目に猛烈なアタリ。


でも余裕でさばいて、ネットイン。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

75㎝のマゴイ。


まずは1本。平日ならこれで十分。


4投目に地味なアタリ。


アワセて寄せますが、あまり引きません。


30㎝弱のコイっ仔、ダブルでした。これは2匹。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


とても綺麗で、素晴らしいコンディションです。


しかも体高があるのでヘラブナかと思いましたが、ヒゲがあるので鯉でした。

これは嬉しかった。


続いて、6投目のショートバイト。上手くアワセてファイト開始。


これも余裕で寄せました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

70㎝のマゴイです。2本目。


その後は、小さなコイかウグイのアタリばかりになります。


静かな川面。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



水面にはカメが泳いでいて、時々潜ってエサを漁っていました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


なんとまあ平和に満ちた釣り場でしょうか。


平日とそう変わらない、7時30分少し前に終了しました。


先日の中学生も言っていた、「この場所は6時半まで」、これはその通りかもしれません。


帰り支度を終えて、荷物を車に積み込んでから、水面を見ると、コイが集まって錬りエサを食べています。


これは、いつものことですが、コイの警戒心の強さと大胆さを思わされるんです。


コースフィッシングの達人アイザック・ウォルトンの「静かになることを学べ」は、ホント、金言です。


帰宅途中、近所の大河川を見ると、かなり濁っていました。


やはり上流部に強い降雨があったのです。


これで、今日の朝から予定していた大河川上流部での渓流フィッシングは、午後も中止せざるを得ません。


さて午後は何処に行こうか。朝コイでボウズは逃れていることだし・・・。


(つづく)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる