スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ フライデーナイトのダブルヘッダーは完封なのに・・・Desert Moonlight 月の砂漠

フライデーナイトのダブルヘッダーは完封なのに・・・Desert Moonlight 月の砂漠



アトランティックな夜に今晩は! なみ平です。

のっけにJAZZ 月の砂漠

月の砂漠 Desert Moonlight , Jazz Piano Trio
Hideaki Kohga Trio H Kohga(p)、Y Sakai (b)、S Mizuno(d)



金曜日、久々に快晴。

待ちに待った週末の夕方です。

これは渓流フライフィッシングのチャンス。

フライデーですよ!

仕事を終えて、大河川の中上流部の渓流に直行しました。

このところの増水も収まり、濁りもありませんし、渇水だった川も水量が増えて良い感じ。

やる気満々で大きなドライフライを投げます。
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

でもフライにはチビが沢山アタックします。

ポイントを換えながら遡行していきますが、結局ノーヒット。

暗くなる直前に帰宅して、夕食を済ませ、ホームグラウンドの海へ。

昨日から、長潮・若潮で潮が全く動かない夜です。

しかも微風でベタナギ。

長潮・若潮の場合、少しシケ気味なら可能性はありますが、これでは・・・。

両軸でちょい投げをセットして、直ぐに居眠り。

夏の夜、なま暖かい微風の夜風はとても気持ちよく、熟睡しました。

気温が下がって目覚めて、仕掛けを回収すると、大きめのヒトデ。
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

やる気のなさそうな姿です。

とても重かった。



続いて2セット目。

これまた重い。

ヒトデが途中で外れます。

ボウズ確定か!

でもまだ重い。

チビヒトデか!

上がってきたのは・・・

ヒトデではなくツブ貝でした。ヤドカリではなくて良かった。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


つまり全く潮が動いていないんですね。

カワボウズとウミボウズのダブルボウズでした。

ダブルヘッダー、完封負け。

でも・・ツブ貝が僕を誘います。

もう少し粘ってみたら・・・って。

妖しい妖艶な誘惑に負けそうになりますが、振り切って帰宅しました。

帰りの途上、口ずさんだのは、月の砂漠。

仕事のストレスも疲れも取れたし、とても良いイブニングでしたよ。

これもアトランティックな夜ですから。


最後にトランペッターのリーモーガン。
(JAZZの往年の名演ですが、長めなのでそう思われる方は適当に切り上げてね)。

とても素晴らしい。

Lee Morgan - Desert Moonlight



さて、明日の休日、潮の干満は1回の潮回りです。

また潮が動かない日・・・、どうなることやら。

「ヒトデだって、ツブ貝だって、魚がボウズだって、みんな生きているんだ」・・・友達です。

8月は海も渓流も夏涸れ・・、ボウズ覚悟の日々ですが気にしません。

==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)
 ↓
釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる