スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ Angler YOUNG No.260 は日工産業製1960年代だった!

Angler YOUNG No.260 は日工産業製1960年代だった!


以前紹介した Angler YOUNG No.260 の再掲です。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

昨年の3月の記事で紹介したAngler YOUNG No.260。


1940年代の欧米のリールの雰囲気がありますが、製造元が判りました。


実は②の記事で気付いていたのですが、製造元や当時のリールの情報が少なかったので、記事の公開は延び延びになっていました。


「Angler」というブランド名は日工産業のリールでした。


そして用途は、静岡県沼津市あたりのクロダイ釣りなどに使われていたようです。


日工産業は東京の下町に本社を構える、今も健在な金属加工の会社で、昭和40年代前半まで釣りのリールも製造し、早々に撤退したようです。


つまり、YOUNGは1960年代あるいはそれ以前の製品ということになります。


日工産業、YOUNGの他には・・・、


このような製品があったようですが、ネット上で写真を幾つか見たことがありました。

 ↓
=========
(スピニングリール)
ダブリン610
ダブリン1600
ダブリン2000
ベンガル620
スプリング8

(クローズドフェイスリール)
アングラージェット


(両軸リール)
ジャック

(片軸横転リール)
アングラー8-60
アングラー8-100
アングラースコット8-80
===========



僕は、YOUNGという名称に釣られて手に入れてしまったのですが・・・、


英国のJ.W.YOUNG ではなかったのです(涙)。


でも僕の部屋の飾りとしては、東の正大関の番付になっています。


このリールも良い味、出していますから。
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


これで、僕のコレクション、ヤングは


ダブルヤングではなく、トリプルヤングになってしまいました。(意味不明)


アトランティックな夜 Atlantic Night Talesアトランティックな夜 Atlantic Night Tales
アトランティックな夜 Atlantic Night Talesアトランティックな夜 Atlantic Night Tales

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:日工産業

>釣り具屋のおっちゃんさん

紹介ありがとうございます。

ダブリンのベアリングは主軸に2個だそうで、シッカリとした作りのようですね。
ルアーと違い、投げ釣りなら今でも楽しめますね。

3. Re:無題・・・黒潮リール

>Fishboneさん

黒潮リールは沼津の東洋精機(現:東洋電工)のリールで、製造されなくなった今でもプレミアム付いていますね。
同じような、リールが植野精工(オリムピック)や日工産業でも製造されていたようです。
ダイレクトドライブで、クリックON・OFFのみの機構ですが、このヤングもダイレクトですが、ON・OFFの他、逆転ストッパーも付いています。
スプールには主軸が無くて、ABUウルトラキャスト機構と同じ作りです。

2. 日工産業

ダブリン2000
ブログに、写真のせました。よろしければ、のぞいてください。

1. 無題

このタイプのリール。沼津の釣具屋ではフツーに売ってました(20年前^) 黒潮リールっていう名前でした。中通し竿と組み合わせてチヌのダンゴ釣りからアジのウキ釣りまで、同じタックルで通すのが沼津の爺ちゃんアングラーのスタイルでした。また新たなリール製造メーカーがでてきましたね。知りませんでした(^^;;
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる