スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ スピンキャスト屋台ショットバー 第九夜話 恋愛作法は一人待つ月夜曲・・ムーンライトセレナーデ

スピンキャスト屋台ショットバー 第九夜話 恋愛作法は一人待つ月夜曲・・ムーンライトセレナーデ

アトランティックな夜にようこそ。

久々にスピンキャスト屋台ショットバーを開業してきました。

前回は、今年の1月ですから実に半年ぶり。

ところでスピンキャスト屋台ショットバーって??

仕事を終えた平日のアフターファイブ、車横付けできる場所に限定して釣りと音楽のひと時を楽しむという企画です。

釣りのジャンルはルアー、ちょい投釣り、ウキ、サビキなど問いませんが、使うリールには縛りがあって、スピンキャストリール、いわゆるクローズドフェースリール(覆面リール)を使います。。

どちらかというと、日も短くなった寒い季節のお遊び。

焼き鳥屋で駆けつけ3杯みたいに、仕事を終えて帰宅する前のクールダウンなんです。


さて、この1週間は毎日強風と雨、海は大シケ、海釣りは全く出来ませんし、仕事で体力も無くなり川に入る気力もありません。

つまりストレス満載。

週末の金曜日の夜、雨予報の中、釣りに行きました。

車横付けの場所ですから、久々にスピンキャストです。

向かった先は少し離れたところにある小漁港。

釣り場まで10数㎞、車の中でルンルン気分。

いつものように大好きなJAZZのスタンダードナンバーを鼻ずさみながら安全運転で。

到着して直ぐにセット。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

この場所は、実は、ヒトデの巣窟と言われる立ち位置です。

ここで中投や遠投すればヒトデの猛攻にあってバトルロイヤル状態になってしまいます。

でもヒトデが少なめのポイントもあるんです。

それがチョイ投げの距離。アマモという海藻の生え際の砂底です。

久々に使う、濃いバラ色のスピンキャストリールは非力ですが惚れ惚れするお洒落さ。

ダンスパーティーとか仮面舞踏会のお相手みたいです。

こんな感じ
 ↓
Carly Simon のムーンライト・セレナーデ

ハスキーボイスが良いですね。
そしてスピンキャストリールファンにはタマりません。
 ↓
Moonlight Serenade - Carly Simon

 ↑
スピンキャストリールファンにはタマりません????
(どうしてか分かりますか~~?、スピンキャストリールを使って見ると分かるよね。)

10分ほど自動車のエンジンをアイドリングしていましたが、ふと見ると、エンジンルームから液体が流れ出しています。
 ↓
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


エアコンから排出される水ではありません。

ラジエーター液でした。

早速JAFに連絡。

レッカー車の到着まで1時間半待ってくださいとのこと。

その間、まったりと、誰も居ないこのポイントで一人アタリを待ちました。

さて、お題のMoonlight Serenade ムーンライト・セレナーデ

この曲は、グレン・ミラー楽団のテーマ曲で、JAZZファンならずとも知っている名曲。

歌詞も後に付けられたのですねぇ。

Moonlight Serenade」の英語歌詞はこちら

http://www.metrolyrics.com/moonlight-serenade-lyrics-frank-sinatra.html

=========
ムーンライト・セレナーデ
なみ平のテキトー訳
=========
君の家の門に立って、歌うのは(君を誘い照らし僕の元へ導く)月明かりの歌
六月の夜、ここに立って待っています。あなたの手が僕に触れてくれるまで
バラの花たちもため息をつくようにそよぐ、月明かりのセレナーデ

輝く星達、そして今宵、星達の灯りは僕にどんな夢をもたらしてしてくれるだろうか
僕の愛、君も分かってるよね
君の瞳は明るく光り放つ星のよう
僕は君を連れて、君に捧げ歌う、月明かりのセレナーデを

夜が明けるまで二人で迷い込もう 夢のような愛の谷間に
君と僕だけの夏の空、天国みたいに心地良いそよ風も木々にキスをしているよ
だから、僕を待たせないで、そっと僕のところにおいで、六月の夜に
僕は君の家の門に立って、そして月明かりの中で歌う
愛の歌を、愛しい人を、月明かりのセレナーデを
==========


セレナーデとは小夜曲などと訳されているようですが、男性の求愛の歌のことです。

女性のいる部屋の窓辺に向かって、ギターみたいな弦楽器をつまびきながら、愛を伝えるときの歌を指します。

古き良き時代の恋愛作法だそうですが、現代日本ならストーカー扱いですかね。

まあ、日本でも若き日の加山雄三の東宝映画「若大将シリーズ」あたりならあり得そうですし似合いそう。

でも、男性ならフランク・シナトラの歌唱が絶品。
(やっぱりこの人、タダモノではありません。だんだんハマり始めています。)

Moonlight Serenade (Frank Sinatra - with Lyrics) ←歌詞付き



僕にはこんな芸当はできないので、お洒落なスピンキャストリールでオナゴに求愛するのです。

いやアナゴを求愛するのです。

オッ!・・・小さなアタリ。

おそらくチビメバルでしょう。

僕が釣りたいのは、今回は大アナゴ。

そのまま放っておきます。

そうこうしているうちに、JAFが来ました。

早速道具を片付始めると・・・

オッ!・・・何か掛かっています。

重い!!!!・・・・

ポンピングで寄せたのは・・・

巨大なヒトデでした

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


今回のスピンキャストショットバーはこれで閉店、屋台ショットバー営業車も整備工場に行きました。

読者の皆さま、巨大なヒトデ、これだけで、記事を引っ張ってしまいました。

しかも7月も末なのに6月の歌で・・。

北国は寒いので、お許しを。
 
アトランティックなスピンキャスト小夜曲でございます。

月に代わってお仕置きですかね。。。
ムーンライト、ツ~レナ~デ~~

口直しは本家グレンミラー楽団そして、ボサノバ調の歌唱で。
Moonlight Serenade By The Glenn Miller Orchestra


ムーンライト セレナーデ MOONLIGHT SERENADE . 小野リサ


うーむ・・スピンキャストリールの良さが益々分かりますねぇ・・・。

大好きなエラ・フィッツジェラルドの歌唱もよろしければどうぞ
Ella Fitzgerald - Moonlight Serenade (High Quality - Remastered)
http://youtu.be/ANCIw4oi-mo

アトランティックな夜、ボウズの駄文、最後までお読みくださりありがとうございます。

==============
(「スピンキャスト屋台ショットバー」の全記事、更新情報はこちら)
 ↓
スピンキャスト屋台ショットバー カクテル・メニュー 一覧
==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)
 ↓
釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:歳月は勝手に来て勝手に去ります

>咲いたマンさん

>お誕生日

三子の母。

いよいよゴーマルの大台に入りますね。

これから歌唱も円熟味を増してくることでしょう。

1. 歳月は勝手に来て勝手に去ります

なみ平さん、おはようございます。

小野リサまで聴いて、あの可憐だったリサちゃんのオバさん振りに感じ入ってしまいました。みな等しく年を取っていくのですね(笑。
そういえば明日7月29日は、小野リサのお誕生日だったような。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる