スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 鱒見淵にて 森の中のワタ毛 自然のメルヘン? いいえ ホラーです!

鱒見淵にて 森の中のワタ毛 自然のメルヘン? いいえ ホラーです!

仕事の行き帰りに鱒見淵を通りかかると、

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

畑への取り付け道路に白く大きなワタ毛の房が沢山落ちていました。道が真っ白です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



何かの木の種が落ちたのかと思っていました。


先日も通りがかったので、地面に落ちている白い房を触ってみると、ワタアメのようにネバネバしていました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



綿毛の中を見ると、ヤマ桑の実の房です。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


上を見上げると、大きなヤマ桑の木がありました。


そこにもまだ白いワタ毛の房が残っていました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


帰宅して調べてみると、クワキジラミという昆虫の幼虫。


白いワタ毛は飽食した糖分の排泄物らしく、ワックス状になるようで、ネバネバする理由です。


特定の桑の木に集中して産卵。幼虫は白いワタ毛を出して房のようなコロニーを作ります。


養蚕家には害虫だそうで、


小河川のクワの木の白いワタ毛は、自然の風景として見る限りはメルヘンの世界ですが、実はホラーだったようです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる