スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 快心の半夜釣り アナゴ大1・小1 ソウハチ特大1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快心の半夜釣り アナゴ大1・小1 ソウハチ特大1


北国のアナゴはサイズは大きいのですが、生息数が少なく、数釣れない対象魚です。


僕は昨年来、アナゴ釣りを真夏の平日の夜の定番にしています。


ヌードル竿と小型両軸リール、2本のセットを投げ込んだら、あとは道具箱を枕に星空を眺めつつ居眠り。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



時々、鈴がチャリンと鳴って目が覚める。

(最近は三脚の竿受けに鈴を付けるようになっていますが、今回は竿先に)

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


2時間ほどで仕事の疲れが吹っ飛びます。


夜風が冷たくなってきた頃に帰宅するのです。


気持ちよくて、ボウズ逃れでやっていたソイ・メバルのルアー釣りも、どうでも良くなってしまいます。


釣れれば、大好物のアナゴ料理ですし・・・。


さて、昨夜も出撃。


日没時にポイントで投げるも潮が止まって釣れない雰囲気。


一旦帰宅して、21時頃再度出直しました。


もう誰も居ません。


一人静かに、居眠りしながら・・・


小型ソウハチカレイがポツポツ釣れますがリリース。


小型ソイも40m暗い先の砂底でヒット。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

海底で何かが起きているのです。



22時近くから時合い。


初めは50㎝弱の小型アナゴ。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


仕掛けがめちゃめちゃになりました。


続いて、35㎝もあるソウハチカレイ。

これは手前の海藻の中に潜られましたが、暫く放っておいて、抜き上げました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

今期最大の抱卵ソウハチカレイでした。


陸っぱりで、このサイズが釣れれば、百点満点。


これは煮付け用にキープ。


ドンコとも呼ばれるイソスジアイナメも登場。これはタラの仲間です。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


最後はまあまあのサイズ。60㎝のアナゴ。


これは大きいアタリ、そして強い引きでした。竿は満月。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


これで気持ちが盛り上がり、24時近くまで1時間延長。


でもこういう下心はNG。


何も釣れずに撤収。


でも、この夜は、思った通り、願った通りの釣り。


ベナベナヌードル竿とオールド両軸の釣りを堪能できました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる