スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (続)気合いを入れて出撃すると、今夜は気合いの入った魚達が!!

(続)気合いを入れて出撃すると、今夜は気合いの入った魚達が!!

(つづきです。)


先日アナゴ狙いで気合いを入れて出撃したのに、本命はボウズ。


でも久々にタカノハカレイの姿を見たので、ますます気合いが入りました。


このところカレイ釣りは数もサイズもマズマズのようですが、僕にはマンネリ気味。


暖かくなってホームグラウンドは混み合うので食指が動きません。


でも、ちょっと火がつきました。


週末、仕事を終えてから、黄色いサーフロッドを抱えて直行。


今度は夕まずめのワンチャンス、タカノハカレイ狙いです。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


エサはもちろんサンマの切り身。


1投目、1本目を投てきして、2本目をセットしている時から、激しいアタリ。


タカノハもこういうアタリをします。


重い!


タカノハを期待しましたがソウハチカレイのダブルです。


大きいのが2枚。


でも抜き上げた時に、1枚落としました。


2本目の投てきもヒット。


陸っぱりとしては大きい、全て30㎝オーバー。


30㎝オーバーのダブルは何回かありました。


つまり入れ食い。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

ソウハチカレイのアタリは、タカノハと同様に激しいですが、掛かってからの引きは弱め。


でも干物は絶品です。
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


持って行ったエサは冷凍サンマ1本分の切り身。


サンマ1匹で24個ほどの短冊切り身が取れますが、釣り上げたソウハチカレイは16枚。


エサ切れで撤収です。


我が家の魚干し網では、ちょうど良い数ですね。


全てメスで、大きな卵がパンパンでした。


早速、妻が干物用に処理してくれました。


本当はタカノハカレイ狙いだったのですが、気合いが入り過ぎ、また本命は外してしまいました。


イワシを追って接岸したソウハチカレイの気合い(食欲)も凄かった。


ソウハチカレイは個体数が多いので、これでは個体数の少ない、「幻のタカノハカレイ」がエサに食いつく暇は無かったのです。


気合いを入れると、本命魚が釣れないんです・・・僕には・・・・。


お~い・・・アナゴく~ん、マツカワくーん。


(更に続く)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる