スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 三兔(と)を追う者は一兔(と)をも得ず でも四兔(と)目に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三兔(と)を追う者は一兔(と)をも得ず でも四兔(と)目に

「二兔(と)を追う者は一兔(と)をも得ず」という諺(ことわざ)があります。


先週の休日、夕方、イブニングライズのフライ、帰りがけにルアーでボウズ逃れのソイ・メバル、早めに切り上げて、仕上げは上げ潮時のアナゴ狙いの投げ釣り・・・、という僕のやりたい釣りの3点セットで出撃。


初めは、先週に大きなウグイを釣り上げた場所。


僕は「鮠ケ淵(サッカー・プール)」と命名したポイントに直行しました。


ここはマス類も居着く場所ですが、今の季節は一時的に海から遡上したウグイに占有されています。


釣り場には先週と同じ先行者が。


先週、大きなアメマスを手竿で釣り上げた父子連れです。


ルアーをボンボン投げ込んでいました。


薄暗くなって、先行者が帰ってからは僕の番。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

ライズを待ちます。


でもこの日はライズが少なかった。


大きなドライフライをインジケーターにして、70㎝ほど先にニンフを結んで投げました。


数少ないライズでしたが、一回だけアタック。


アワセも強かったのですが、3Xの太いティペットが切れました。


これで切り上げれば良かったのに、熱くなって、真っ暗になるまで投げてしまいます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

川から上がって、急いでソイ・メバル場に行くも、時すでに遅し。


時合いは終わったとのことでした。


つまりボウズ逃れのハズがボウズ。


最後は帰り道の途中にある漁港の浅場でアナゴ狙いの投げ釣り。


潮止まりで、これまたアタリ無し。


海面には小型のメバルが浮いていました。


そこで、スプーンリグか小型のソフトルアーでも投げようかと思いましたが、車に積んでいませんでした。


車の中には、渓流用ウルトラライトの振り出しスピニングがあったので、7gのジグヘッドに残りエサのサンマを付けてキャスト。


小型のメバルやクロソイがヒットします。


アトランティックな夜 Atlantic Night Talesアトランティックな夜 Atlantic Night Tales


アマモの中に入ろうとするので、ウルトラライトの竿でも、そこそこスリルがありました。


最後は大きなアタリ。


30㎝弱のシマソイ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


この魚は比較的深い場所で、底スレスレで釣れるのですが、こんな浅場の表層で釣り上げたのは始めてです。


この1匹だけキープして午前様寸前に帰宅しました。


三兔(と)を追う者は一兔(と)をも得ず でも四(と)兔めでゲットした訳です。


勿論、シマソイは、翌日にお造りで美味しく味わいました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる