スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 海は夏モード イワシを追ってソウハチカレイとタカノハカレイが接岸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海は夏モード イワシを追ってソウハチカレイとタカノハカレイが接岸


先週の土曜日と日曜日、イルカに追われたカタクチイワシの大群が港周辺の海藻や消波ブロック周辺に逃げ込みました。


早朝、海を覗いてみると、50㎝位のアメマス(降海性イワナ)が必至にイワシを追いかけていました。
(写真は撮れませんでした)


あと沖合に生息しているはずの、魚食性の強い魚達も接岸。


そのひとつがソウハチカレイです。


群れで中層にも浮いているので、ソフトルアーのスイミングでもバンバン釣れたそうです。


港はアングラーで沸き返っていて、ソウハチカレイをスカリ一杯釣ったひとも多かったようです。


僕は魚の数は要らないので、人が減ってからちょこっとだけ、早朝の投げ釣りを試みました。


エサはもちろんサンマの切り身。


先日渓流フライフィッシングで結果を出したので余裕の投げ釣りです。


1時間半の間に、30㎝オーバーのソウハチカレイを数枚釣り上げました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

ダブルです!

7000番とはいえ、最後はドラグを締め付けて寄せて、抜き上げます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


あと、魚食性の強い、イシカレイやタカノハカレイカレイモの活性も高まっていて、今期17枚目のタカノハカレイも釣り上げます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


近縁種のホシカレイを思わせる裏面で、養殖稚魚放流モノでした。

今期17枚目。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


隣には、昨年の初夏頃に某漁港で出会った青年も帰省してきており、投げ釣りを楽しんでいました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

その後イワシは沖に出たようで、お祭りは数日だけでした。


でも、僕は思いました。「例のあの魚」がイワシを追って接岸し、そのまま居着くはずだと。


(つづく)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:某漁港で出会った青年

>クボタさん

こんにちは

暫く滞在されるのでしょうか?
今度は大アナゴですね。

またお会いでると嬉しいです。

1. 某漁港で出会った青年

先日はどうもです。昨夜もですね(笑)
なみ平さんのブログに載せて頂いて光栄です。
教えて頂いた活け締めと、仕掛けのロスをなくす方法はしっかり活用させて頂いております!
また色々とご教授ください!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる