スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 渓流フライフィッシング本格始動 いつものように、まずは予備調査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渓流フライフィッシング本格始動 いつものように、まずは予備調査

先週の休日は用事があってロングドライブ。


用足しを終えて帰宅が17時過ぎ。


ちょっと休憩してから、少し離れた谷の深い渓流に下見に行きました。


到着は18時。


場所は川幅の広い下流域です。


先行者が帰る支度をしているのは、帰宅途中に確認済み。


濃い霧が立ち込めてきています。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


この日は霧で気温も上がらず、しかも、明日は雨予報。


こういう時は、虫も飛ばず、イブニングライズはほとんど期待できません。


これまで何度も経験しています。


そこで、目当ての大場所でフライをキャストしながら、イメージを組み立てました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


実は、メインのフライボックスを自宅に忘れてきたので、糸通しを予め取り付けていた大きめのウーリーバガーを使いました。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

この場所は多くのアングラーが入っているので、魚はスレ切っているはず。


上流側から、横から、下流から、立ち位置を変えてフローティングラインでキャストし、流れのスジを確認しました。


上流からはシンキングライン、横からはシンクティップとフローティングラインが効果的だと思われます。


バックキャストのスペースが殆ど無いので、ラインを短めにしてタワーキャストでラインフォールして少しシュートせざる得ませんが、感じを掴みました。


あと、とても深く、重い流れなので、前回のように大きな魚が掛かって追いかける事はできません。


ティペットは3X~2Xで、大きめのドライやCDC系フローティングニンフ、トラディショナルなウェットなどをキャストしようと思いました。


今日のような悪天でも、10回ほど水面下のしぶいライズを見ることができましたよ。


あとは天候次第、気温が上がり、蒸し暑い日の夕方に出撃ですね。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

6番のバンブーロッドもなかなか良い感じです。


実は、フライを始めた時の竿はバンブーでして、とことん使い倒しました。


以降グラスやグラファイトも使い、その性能は分かるのですが、


振ってみると、一番の思い出だった昔の恋人に再び出会ったような、馴染んだ感じがしました。


嬉しい懐かしさで心が一杯です。


I Remenber You 



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:無題・・・アトラクターフライ

>Fishboneさん
ウーリバガーやゾンカーなどアトラクターフライは渓流の大場所では効果的です。

渓流のフライは1匹を大事に釣るので、僕は大好き。
シーズンは短いのですが、天候を見てワンチャンスを狙います。

セミはこちらでも湖です。

ハーディーですか!!
ビンビンの竿よりしなやかな竿は楽しめそうですね。

3. 無題

ウーリーバガー!いまや管理釣場の浮き釣り用ニンフみたいに言われていますが、本来はドリフトさせて使う、もしくはリトリーブで積極的に攻めるものですよね(^_^)v ライズが無いときはウエット流しながら釣り下っていくの好きです。バンブーロッドいいですね~ 僕も渓流は#5です。ハーディーのグラファイトですけど他社の#3クラスのしなやかさがあって気に入ってます。といっても川にでるのは年に一回あるかないかですけど…(^^;) なみ平サンの地域ではそろそろ蝉パターンなんかを使う季節なんでしょうか。

2. Re:無題・・・フライ

>ぎりっちょさん

渓流のフライは魚釣りの中で、魚の捕食が自然で、その姿も見ることが出来、自然を味わえる釣りだと思っています。
機会がありましたら是非!

この川は夏涸れで水量が減っていますので少し流れが緩やか。
遡行しやすいですが魚釣りは難しいです。

1. 無題

昭和63年に知人が使っていたフライロッドとリールを頂きながらまだ一度も使っていません。
フライにはまた違った楽しみがあるんでしょうね。

北海道の川らしく、ゆったり流れていますね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる